三菱自、出雲大社に対し「アウトランダーPHEV」を奉納したと発表

JCN Newswire / 2014年9月26日 17時45分

Tokyo, Sept 26, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、出雲大社に対し、「アウトランダーPHEV」を奉納したと発表しました。9月25日に、同大社の仮拝殿にて、関係者等が出席し、奉納式が行われました。

出雲大社は境内の自然保護活動に力を入れられており、三菱自動車は、EV走行でのCO2排出量ゼロ、モーター走行で高い静粛性を持つ「アウトランダーPHEV」が、この活動に最適と考え、この度奉納することといたしました。

世界初の4WD・SUVプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」は、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のEV技術をベースに開発した、先進の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載し、日常は環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行により、高い環境性能と優れた経済性を実現しています。また、状況に合わせて最適な走行モードを自動で選択するほか、前後にそれぞれ独立したモーターを搭載したツインモーター4WDにより、滑らかな加速感、高級車並みの静粛性を両立しています。

なお、「アウトランダーPHEV」は、2013年1月に日本で発売して以降、順次、輸出地域を広げ、2014年8月末時点、世界30ヶ国以上で約3万7千台を販売しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング