マツダ、「CEATEC JAPAN 2014」に新世代ヘッドランプなどを出展

JCN Newswire / 2014年10月6日 17時0分

LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを日本の自動車メーカーとして初公開

Hiroshima, Oct 6, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、10月7日(火)から11日(土)に幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2014」※1に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」のさらなる進化として、特に夜間走行におけるドライバーの認知支援を強化するための新世代ヘッドランプ技術「アダプティブ・LED・ヘッドライト(以下、ALH)」および、全ての人に「走る歓び」を提供し続けるためのマツダ独自の自動運転技術を搭載した「Mazda3 自動走行システム搭載車」を出展します。さらに、新型「マツダ デミオ」の展示を行うとともに、マツダ独自のHMIコンセプト「Heads-Up Cockpit」に基づく新世代HMIに関する技術も紹介します。

【出展概要】

■ 新世代ヘッドランプ「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」(開発技術)

「ALH」は、日本の自動車メーカーとして初公開の※2LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを採用した新世代ヘッドライトシステムです。

今回採用したLEDアレイ方式は、LEDによるハイビーム光源を4つのブロックに分割し個別に点消灯することが可能となっています。フォアード・センシング・カメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分に照射しているLED光源のブロックのみを消灯します。これにより対向車や先行車のドライバーを幻惑させることなく、常時ハイビームポジションでの走行が可能※3となり、夜間走行における視認性を向上させています。

また、「ワイド配光ロービーム」を新採用。ヘッドランプ側面にLED光源を追加することにより従来のヘッドランプでは光が届きにくい側面の照射範囲を拡大し、夜間の交差点歩行者などへの視認性を高めています。さらに、高速走行時には、ヘッドランプのオートレベリング機構のモーターを用いてヘッドランプ光軸を上方に自動で切り替える「ハイウェイモード」を採用することにより、遠方にある標識や障害物等のいち早い認知をサポートします。

■ Mazda3 自動走行システム搭載車(開発技術)

マツダは、ドライバー・人間を理解・信頼・尊重することを重視し、絶えず人間、特にドライバーの状態を見守り、万が一のドライバーのミスや避けられない事象の回避をサポートする技術としてマツダ独自の自動走行システムを開発しています。この考え方に基づいた「自動走行システム搭載車」を出展します。この車両には、高精度GPSや車両状態センシング技術、人の感覚を重視した運動制御技術などを搭載しています。

予期せぬ出来事が起きても助けてくれる安心感。そんな安心感が支える、いつまでもクルマを楽しく操れる世界、「走る歓び」を楽しめるクルマ社会の実現に貢献したいと考えています。

■ 独自のHMIコンセプト「Heads-Up Cockpit」に基づく新世代HMI(市販技術)

走行安全性を最優先し、ドライバーの不注意運転要因(Distractions)を最小化する新世代HMIを出展します。視認性を最大限確保した7インチセンターディスプレイ、手元を目で確認しない操作を追求したコマンダーコントロール、車速などの重要情報をメーターフード上部に虚像として表示する先進の安全装置アクティブ・ドライビング・ディスプレイなどを紹介します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201410/141006a.html

*1. CEATEC JAPAN オフィシャルサイト: http://www.ceatec.com/ja/
*2. 2014年10月1日現在、マツダ調べ。
*3. 道路周辺の照明環境、走行速度等により、機能が一部制限されます。

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング