日立コンシューマ・マーケティング、肌にやさしい保湿サポート器「ハダクリエ」2機種を発売

JCN Newswire / 2014年10月7日 16時57分

うるおい効果で乾燥による小じわの目立たない肌へ

Tokyo, Oct 7, 2014 - (JCN Newswire) - 日立コンシューマ・マーケティング株式会社(取締役社長:中村 晃一郎/以下、日立CM)は、日立独自の新波形により、肌にやさしく保湿成分の角質層への浸透をサポートする「ハダクリエ ホット&クール」「ハダクリエ」を11月1日から発売します。

型式・価格および発売日

品名: 交流式 保湿サポート器「ハダクリエホット&クール」
型式: CM-N3000
色: プラチナホワイト(W)
本体希望小売価格: オープン価格
発売日: 11月1日
当初月産台数: 10,000台

品名: 保湿サポート器「ハダクリエ」
型式: CM-N830
色: プラチナホワイト(W)
本体希望小売価格: オープン価格
発売日: 11月1日
当初月産台数: 5,000台

上位モデルの「ハダクリエ ホット&クール」は、温冷Wヘッドを使った「温クレンジング・温モイストアップ・温マスク・クール」4つのモードを搭載した本格ホームエステ製品です。日常的に使用している化粧水*1と化粧用コットンを使って、毛穴の汚れを引き出し、角質層までうるおいを浸透させ、仕上げに毛穴を引き締めます。また、温・冷機能のない普及モデルの「ハダクリエ」は、充電・交流両用式のコンパクトタイプのため、旅行などに携帯するときにも手軽で便利です。

一年を通しての肌の乾燥に対する悩みに応えるため、本製品はクレンジングやモイストアップ、マスクといった各モードの通電波形を変え、肌への通電時間を約1.4倍*2長くすることで、使用時間は変えずに保湿成分の浸透をうながします。その結果、従来機種使用時と比べ、肌の水分増加量が平均で約1.5倍*3になり、うるおい効果による乾燥小じわの目立たない肌へのサポートを実現しました。

開発の背景

日立CMは肌にやさしい美容家電を開発コンセプトとし、2008年7月に毛穴ケアを目的としたイオンクレンジング器「フェイスクリエ」NC-550を発売し、エステ家電商品に参入しました。さらに保湿成分の浸透をサポートする機能を追加した保湿サポート器「ハダクリエ」CM-N800を2009年5月に発売し、保湿サポート器「ハダクリエ」シリーズは累計販売50万台を突破しました。(2014年9月時点)

肌の乾燥は小じわの原因の一つでもあり、肌表面の角質は乾燥すると硬くなり、弾力が失われる傾向があります。また、乾燥した肌面の角質はひび割れた状態になりやすく、肌の水分や保湿成分が逃げやすい状態になります。本製品は、保湿成分の浸透をうながす効果を上げることで、乾燥による小じわの目立たない肌づくりをサポートします。

これらの製品は、女性の視点を生かした製品づくりを目的として、製造元である日立マクセル株式会社(取締役社長:千歳 喜弘)と販売元の日立CMの女性社員で結成したプロジェクトチームにより企画・開発したものです。

日立CMは、今後も日常的に使用している化粧アイテムが使える、日頃の肌の悩みに応えるエステ家電商品を開発することで、需要の拡大をめざします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/10/1007.html

*1 温クレンジングモード、クレンジングモードの場合は、ローションタイプの化粧水を使用し、乳液やゲル状のものは使用しないでください。鉱泉や水だけの化粧水など一部効果の現れにくい化粧水もあります。温モイストアップモード、モイストアップモードでは、とろみのある化粧水やゲル状などのオールインワンタイプの化粧水も使えます。
*2 2013年発売CM-N2000と新製品CM-N3000の通電時間を比較。【温モイストアップモード、レベル弱使用時】CM-N2000約12.42msec,CM-N3000約17.28msec(当社調べ 、当社基準による) 2013年発売CM-N820と新製品CM-N830の通電時間も同様です。
*3 2013年発売CM-N2000と新製品CM-N3000の肌の水分増加量の変化を比較。【全モード、レベル弱使用時、温度20~22度、湿度48~55%】CM-N2000 平均約60.29us,CM-N3000 平均約94.03us(当社調べ、当社基準による)2013年発売CM-N820と新製品CM-N830の肌の水分量の変化も同様です。肌への効果には個人差があります。

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

お客様からのお問い合せ先およびカタログ請求先
お客様相談センター
電話 0120-3121-11(フリーコール) 
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日)【年末年始を除く】


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング