ルイ・ヴィトン・ファウンデーションが仏パリに開館、Artpriceがそのベールを取る

JCN Newswire / 2014年10月24日 16時20分

SAINT-ROMAIN AU MONT, FRANCE, Oct 24, 2014 - (JCN Newswire) - シャンゼリゼ通りの文化の中心地、芸術的創作に専念するファウンデーション、そして今日、仏パリ郊外のブローニュの森に開館する壮大な博物館など、LVMHモエ ヘネシー・ルイ・ヴィトン・グループはフランスにおける現代美術の主要機関としての地位を確立してきました。

創業者のBernard Arnault氏は、情熱的な芸術愛好家で、とりわけ思慮深く分別のある収集家です。私たちは来週の月曜日、建築家のFrank Gehry氏が設計を手掛けた新築の博物館内で収集品の数々が展示されるのを目にすることになるでしょう。

この壮大な博物館に所蔵されるコレクションの大部分は明らかにされていませんが、世界中のアーティストの作品が結集します。そのなかには、若者もいれば、無名の人もおり、大きな成功を収めた人もいます。この多様性は、作品の大きさや形式についても同様です。先験的に、唯一の共通点は20世紀および21世紀に生み出された作品であることです。

ルイ・ヴィトン・ファウンデーションでは実際、所蔵作品の素晴らしさを別にしても、まさに芸術収集における芸術性―つまり、それぞれが相互作用しながら補完しあい、単一の調和のとれたユニークなアンサンブルを形成するような多様な作品を収集する芸術性―を追求してきました。

Artpriceから11月に発行される詳細レビューに先駆けて、ここでは、この注目に値するコレクションの作品・珍品の一部について短いプレビューを紹介します。

もちろん著名人がでてきます。というのも、Bernard Arnault氏は、Mark Rothko、 Francis Bacon、Richard Serra、Yves Klein、Jean-Michel Basquiatの大ファンであるからです。他にも、現代美術の巨人Gerhard Richter、Andreas Gursky、Damien Hirst、そして「King of Kitsch」で知られるJeff Koonsなどの作品もお目見えすると期待しています。

作品の評価額は数百万ユーロ、時に数千万ユーロに及ぶものもあります。しかしながら、ルイ・ヴィトン・ファウンデーションでは、所蔵がより困難で、度々めまぐるしい売買を逃れてきた作品を公開するよう尽力しています。これは、高度にコード化された今日の市場環境において最も歓迎される取り組みです。

同ファウンデーションでは、輝かしい新しいスペースを最大限に活用し、画廊やオークションハウスよりもビエンナーレなどでより頻繁に見られるアーティストたちの作品を展示します。このなかには、フランス人アーティストのPierre Huygheの作品が含まれ、彼のビデオ、インスタレーション、パフォーマンスは収集家向けというよりも施設での展示により適しています。

コレクションには、他のフランス人アーティストの作品ももちろん含まれます。ルイ・ヴィトン・ファウンデーションによると、近く、Christian Boltanski や Bertrand Lavierの作品の展示が予定されています。他にもAnnette Messager、Dominique Gonzales-Foester、Jean Dubuffetなどの名前も挙がっています。しかしながら、ルイ・ヴィトン・ファウンデーションは、フランスに限定しているわけではありません。

米国、英国、ドイツのアーティスト作品も数多く展示されます。その他の多くの国々のアーティストについても同様です。ヨーロッパでは、Alighiero Boetti、Maurizio Cattelan、Ugo Rondinone、Bas Jan Aderなど、より遠方の文化圏からは、カナダ人アーティストAgnes Martin、レバノン人アーティストのMona HatoumやAkraam Zaatariの作品が見られるでしょう。

アジアからは、多くの作品を残している村上隆(日本)、Zhang Huan(中国)、Nam June Paik(韓国)の作品が展示されると期待しています。

実際、ルイ・ヴィトン・ファウンデーションでは、東西の架け橋を構築するという目標を明確に提示してきました。2009年、Richard Prince、Jean-Michel Basquiat、Gilbert & Georgeのほか、数多くの若手アーティストによる作品などとあわせて、同ファウンデーション所蔵品の一部を香港で公開したことはおそらく偶然ではなかったといえます。

この秘策は新しい施設内で繰り返されることでしょう。ミニマリズムの巨匠の一人であるEllsworth Kelly、および彼のハードエッジと並び、初めてお披露目となるAtoui Tarek (1980)、Dominique Gonzalez-Foerster (1965)、Olafur Eliasson (1967)などのアーティスト作品が展示されます。

3世代のアーティストが隣り合わせになる。建物内に組み込まれたオーディオ・パフォーマンス、ビデオ、写真、巨大な作品がすべて、1923年生まれの米国人画家の作品のまわりで共鳴します。

また、建築家のFrank Gehry氏に捧げられた広大なスペースも設置され、図面や模型が彼の作品の快適なミザナビーム(入れ子構造)の中で提示されます。

ルイ・ヴィトン・ファウンデーションの強みは、そのダイナミズムとインスピレーションによって支えられています。まず第一にBernard Arnault氏の存在があります。しかしながら、そこにはまた、芸術のパワーと自由裁量権を完全に理解する、芸術監督のSuzanne Pageが率いるチーム全体の存在があります。

作品を一同に集め、その関係を理解し、展示会の全体的な一貫性を思い描くのは、現在最も才能がある学芸員の一人と評価される、パリ市立近代美術館の元ディレクタである彼女がいきいきと取り組む困難な課題です。

彼女はアバンギャルド(前衛的芸術家)であり、投資としての価値や収益性よりも、芸術作品そのもの―作品の品質やコレクションのおける位置付け―に焦点を当て、個人所蔵コレクションを築き上げてきました。その名に恥じないコレクションは、本質的な価値を有しています。コレクションがそのなかの作品の歴史に関わるのです。

これはまさに、19世紀および20世紀の偉大な収集家たちが私たちに教えてくれたことではないでしょうか。

そして、これがまさにルイ・ヴィトン・ファウンデーションが、仏パリに現代美術のための新施設を開館するにあたり、追求していくことを約束した伝統なのです。今起こっていること、そして近い過去に作られた最高の作品に焦点を当て、引き続き、若手アーティストとその仲間たち、そして徐々に評価され始めた人と彼らにインスピレーションを与えた巨匠との間をつなぐリンクを確認していきます。

ルイ・ヴィトン・ファウンデーションでは、伝統的な慣習から解放されたアートを支持し、ビデオ、パフォーマンス、インスタレーションにさらに広いスペースを設けていきたいと考えています。また、記念碑的作品や全大陸からの作品も展示していきたいと願っています。本コレクションは10月27日に一般公開されます。美術市場もしくは機関のどちらかに独占的に公開するということはなく、両方同時に公開します。

本コレクションは、現在いまだに特定のマーケットメーカーに支えられている瀕死状態のアカデミーから解放し、市場の両極を和解させる役割を果たします。

Artprice創業者兼最高経営責任者(CEO)のThierry Ehrmannによると、「小さな視点から見ると、Bernard Arnault氏が率いるルイ・ヴィトン・ファウンデーションは、芸術の方向性において、著名なアーティストを支持することを選択したパラッツォ・グラッシのフランソワ・ピノー財団によって収集されたコレクションよりも大胆であることが証明されるでしょう。時間と芸術の歴史がフランスの2人の大物実業家に審判を下すことでしょう。」

http://www.artprice.com (c) 1987-2014 Thierry Ehrmann

Artpriceについて

Artpriceは55万人以上の美術家を対象とし、3,000万件以上の索引、オークション結果を含む美術品市場データバンクの世界的なリーダーです。Artprice Images(登録商標)は1700年から現在に至る美術作品の画像、彫版印刷物1億800万点のライブラリーである世界最大の美術品市場リソースと、Artpriceの美術史家のコメントに対する無制限のアクセスを提供しています。

Artpriceは4,500の国際的競売人からの情報で永続的にデータベースを更新しており、美術品市場の傾向に関する日々の情報を主要通信社と6,300の国際的報道機関に提供しています。Artpriceは320万人の会員(ログイン会員)に向けて、今や世界の主流になったStandardised Marketplace(登録商標)にフランス関連法(paragraphs 2 and 3 of Article L 321.3 of the French Code of Commerce)の規制に基づき固定価格販売、またはオークションによる美術品売買用に標準化された広告を掲載しています。

Artpriceは、ユーロネクスト・パリ SRD L.O. に上場されています。(ユーロクリア(Euroclear):7478、ブルームバーグ(Bloomburg):PRC、ロイター(Reuters):ARTF)

プレスリリース:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm

Artpriceのアルケミーと世界に関する情報は以下のサイトを参照。 http://web.artprice.com/video Artpriceの本部は有名な現代美術館Abode of Chaos にあります。
http://goo.gl/mwsqp
https://vimeo.com/87859684

http://twitter.com/artpricedotcom
https://www.facebook.com/artpricedotcom

お問い合わせ先:
Josette Mey
e-mail: ir@artprice.com

Artprice





Source: Artprice

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング