QIA、シティック・グループと共同で100億円規模のジョイントベンチャー基金を新設したことを発表

JCN Newswire / 2014年11月6日 15時29分

QIA、地域での総合的な投資戦略の骨子として新しい提携機会を開く;QIAは、中国への長期投資に対するコミットメントの一環として、北京事務所を拡張

Beijing, Nov 6, 2014 - (JCN Newswire) - Qatar Investment Authority CEOのH.E. Ahmad Al-Sayedは、11月4日に開催されたクレディ・スイスの第5回年次新興市場リーダーシップフォーラムで、歓迎スピーチを行いました。下記は彼のスピーチの抜粋です。フォーラムの前に、カタール首長のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー陛下(H.H. The Emir Sheikh Tamim bin Hamad al-Thani)への敬意を表して、陛下出席の下でレセプションが催されました。

11月4日の北京でのスピーチでQIA CEOのH.E.Ahmad Al-Sayedは次のようにコメントしました。

QIAとの提携を募集

「本日、我々はシティック・グループと50:50で、100億米ドル規模の地域投資ファンドを創設するMOUに署名しました。QIAは次の5年間に150~200億ドルの投資を行う予定で、新しい提携を広く求めています。」

「QIAは、北京とニューデリーの事務所を拡張中で、ニューヨークに新事務所を開設します。」

QIAおよび大中華圏

「今年我々は、Lifestyle International (そごう)、シティック・グループ、アリババなどへの最近の投資など、アジアと中国で何十億ドルもの投資を行いました。」

「我々は今後も魅力的なアセットを探し、長期的なバリューを生み出すために新しい提携を確立していきます。 」

「 我々は、ここ中国の企業に長期投資ポテンシャルがあると見ています。その理由は、経済の発展と多様化につれて興味深い持続可能性関連投資機会が増えていること、TMT、銀行、石油ガス、輸送などの大手中国企業のブラント力と評判が高くなっていること、裕福で目の肥えた中流階級がさらに増えていることなのです。」

「我々は香港そごうに投資した理由は、回復力のある経済だったためで、地域ハブとしての重要性は今後も長く続くと確信しています。」

QIAの目標

「QIAは、カタールの政府系ファンドです。その役割は、貯蓄ファンドとして活動することです。同社は投資戦略を決定しますが、それはつまり長期的投資パフォーマンスを専門とする金融投資家であることを意味します。また、すべての資産クラスを通じて国際的に投資します。」

「我々の大半は、企業やアセットの成功のサポートに関心を持つ長期投資家です。そのため我々は柔軟に、低迷期にも価値の高い企業に投資できます。」

画像

QIAとシティック・グループのMOU署名
(左: シティック・グループ会長Chang Zhenming; 右: QIA CEO H.E. Ahmad Al-Sayed)
http://release.media-outreach.com/i/Download/2271
QIA CEO, H.E. Ahmad Al-Sayed
http://release.media-outreach.com/i/Download/2287

企業ロゴ
http://release.media-outreach.com/i/Download/2270

Qatar Investment Authorityについて

Qatar Investment Authority (QIA)は、新しい資産クラスによる多様化でカタール経済を強化するために、2005年にカタール政府によって設立されました。30年以上前から培ったカタールの投資の伝統を活かした同社の戦略的長期投資ポートフォリオは、カタールの豊かな天然資源の補完に役立ちます。

カタールの目標は、財務および投資管理のための主な国際センターとなることであり、これは政府、人員および機関で共有しているビジョンです。

ドーハに本社のあるQIAは、高いレベルのグローバル投資を運用する体制を備えています。世界トップクラスの投資機関としてQIAは、厳密な財務・商業原則に対応しています。同社にはすべての主要資本市場や新興市場で、上場証券、不動産、代替資産、未公開株式などさまざまな資産クラスの投資の実績があります。

Qatar Investment Authority最高経営責任者H.E.Ahmad Mohamed Al-Sayed

Ahmad Bin Mohamed Al-SayedはQatar Investment Authority最高経営責任者で、カタール政府の国内外の投資ファンドを監督・管理しています。Qatar Investment Authority最高経営責任者に就任する前に、H.E. Ahmad Al-Sayedは、Qatar Holding CEO兼代表取締役などさまざまなカタール機関で主要な役割を果たしていました。

彼は現在、経済投資最高評議会の理事、Qatar Exchangeの副議長、カタール国立銀行の取締役、フォルクスワーゲンの監査役を務めています。

詳細情報に関するお問い合わせ先
+44 (0)20 7251 3801

Qatar Investment Authority





Source: Qatar Investment Authority

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング