富士通システムズ・ウエスト、製造業向け統合計画管理システムをアジアで販売

JCN Newswire / 2014年11月14日 16時17分

実現!アジアに展開する企業向けに企業全体の計画業務を一元管理

Tokyo, Nov 14, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通システムズ・ウエスト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:鈴木 英彦)は、計画管理業務を統合的に管理する「FUJITSU Enterprise Application PROFOURS(以降、「PROFOURS」(プロフォース)(注1)」をアジアに展開する企業向けに、2015年1月より販売開始いたします。販売対象国は、タイ、中国と、順次アジア地域を中心に拡大していく予定です。

海外市場の拡大に伴いアジアへの生産シフトが進む製造業界では、日本と生産拠点となる海外で、企業全体のプロセスを一元管理することが難しくなっており、多拠点にわたるプロセスの最適化が急務となっています。また、海外では製造業の細業種を網羅した計画業務システムは数少なく、さらに国ごとに異なる商慣習や多言語への対応も望まれています。

このような課題に対し、PROFOURSは、多拠点にわたるシームレスな需給調整を可能にし、変化に強い企業体質を実現します。また、今回の海外への販売に向けて、多言語対応すると共に、各国の商慣習を取り入れてローカライズしました。また、導入方法については、日本で培ったノウハウを活かし、お客様がご自身で導入いただく手軽な方式からコンサルティングを受けながら導入いただく手厚い導入方式まで、お客様の要件・ご要望合わせた導入方式をご用意しました。

なお、本製品は、当社海外グループ会社でありますFujitsu Systems Global Solutions Management Sdn. Bhd. を中心に販売・サポートを行い、アジア地域へ拡大してまいります。

[PROFOURSの特長]

1. 計画情報の管理
日本と生産拠点となる海外の販売、生産で扱う計画情報(需要計画・需給計画・製造計画・調達計画)を、総括して管理することができます。多拠点にわたる企業全体の作業効率、計画精度の向上につなげます。

2. ローカライズの実現
タイ、中国をはじめ、アジアへの展開に合わせ、商慣習、言語、導入方法等をローカライズしてご提供いたします。

3. 導入方式の充実
お客様がご自身で導入いただく手軽な方式から、コンサルティング、QA対応等のサービスを組み込んだ手厚い方式までご用意しています。また、お客様の計画に合わせ、業務の改善や拡張などに応じ、段階的にステップアップ導入も可能です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://jp.fujitsu.com/group/fwest/release/20141114.html

[注釈]
(注1) PROFOURS(プロフォース)
販売/生産/調達と様々な領域の計画業務を対象とする計画業務専用のパッケージです。
金属製品、プラスチック製品、食品、化学、医薬等の細業種ごとに特化した機能を提供できますので、設定等の作業をすることなく、早期導入・早期稼動を実現します。
また、ファミリー商品である生産管理パッケージ「FUJITSU Enterprise Application PRO-NES(プロネス) 」との連携により一貫した生産系システムをご提供することも可能です。

富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Source: 富士通株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング