ソフトバンクモバイル、学生が非営利団体と連携し募金活動を企画・実行する「ソーシャルグッドアカデミー」に協力

JCN Newswire / 2014年11月18日 17時29分

Tokyo, Nov 18, 2014 - (JCN Newswire) - ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、学生が非営利団体と連携し、募金活動を企画・実行する「ソーシャルグッドアカデミー」に協力します。

「ソーシャルグッドアカデミー」は、株式会社賢者屋が主催するプログラムです。「賢者屋」※会員の学生(高校生・大学生・大学院生)が、非営利団体などの担当者による社会貢献やファンドレイジングをテーマにした4回の講義を受講後、チームに分かれて、各チームが選んだ非営利団体への募金活動を企画・実行するものです。約1カ月間の募金活動後には、各チームが活動の成果を発表し、工夫した点や成功・失敗した点などを共有します。

このプログラムでは専門家や非営利団体が学生に具体的なアドバイスやフィードバックを行いながら進めることで、学生がより多くの学びを得られます。ソフトバンクモバイルはこの施策に企画段階から携わり、プログラムにおいてCSR担当の社員を講師として派遣し、また募金活動には当社が提供するスマートフォン向けアプリケーション「かざして募金」を活用いただくなど全面的に協力します。

ソフトバンクモバイルは、本施策が学生に社会課題を認知してもらうきっかけとなり、学生による社会貢献活動の促進や寄付文化の醸成に寄与することを目指すとともに、今後も「かざして募金」を通じて、学生だけではなく、多くの方々が寄付活動に参加する社会の実現に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/info/2014/20141118_01/

[注]
※ 株式会社賢者屋が運営するフリースペース

ソフトバンクモバイル株式会社

詳細は www.softbankmobile.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクモバイル株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング