ソニー、30型4K有機ELパネルを搭載したマスターモニター「BVM-X300」を発売

JCN Newswire / 2014年11月19日 18時6分

Tokyo, Nov 19, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、業界初※1となる4K(4096×2160ピクセル)有機ELパネルを搭載した30型のマスターモニター「BVM-X300」を発売します。

本機は、4Kの高い解像度と、有機ELの自発光方式ならではの忠実な黒の再現性や100万:1以上の高いコントラスト、動画ブレや残像が少ない優れた応答性を特長としています。
また新たに、デジタルシネマ要求仕様(DCI-P3※2)の色域を包含し、次世代放送の映像制作規格(ITU-R BT.2020※3)の色域にも対応※4するなど、ソニー独自の有機EL技術により4K映像制作時代にふさわしい広い色域を実現しました。

ソニーは長年の業務用モニター開発で培った正確な色、正確な画像、高い信頼性を極める「TRIMASTER(トライマスター)」技術と、独自の有機ELパネルの特長を備えた放送・業務用有機ELモニターを2011年より発売してきました。これらモニターの全世界累計出荷台数は35,000台を超え※5、映像制作のプロを中心に高い評価を得ています。

ソニーは本機を、放送局や映像制作プロダクションにおける編集やカラーグレーディング、VFX・CG制作、カメラ調整、品質管理やクライアントの映像確認用のモニターとして提案するほか、企業や大学などの商品開発や研究、産業用向けに提案してまいります。

型名: 30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」
発売日: 2015年2月
メーカー希望小売価格: 3,880,000円+税

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201411/14-114/

※1: 2014年11月現在。業務用モニターとして。ソニー調べ。
※2: DCI-P3とは、Digital Cinema Initiativesで定められたデジタルシネマの色域の要求仕様です。
※3: ITU-R BT.2020とは、ITU-Rで定められた映像フォーマットの規格です。
※4: ITU-R BT.2020 のRGB 色度点は、完全には包含されません。
※5: 2014年9月現在。ソニー調べ。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング