マツダ、「マツダ アテンザ」と「マツダ CX-5」を大幅改良し発売

JCN Newswire / 2014年11月20日 17時20分

マツダの最新のクルマづくりの考え方・技術を反映させ、あらゆる領域を熟成、深化

Hiroshima, Nov 20, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は「魂動(こどう)デザイン」や「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1が高く評価されている「マツダ アテンザ」および「マツダ CX-5」を大幅改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて発売します。なお「CX-5」はマツダオートザム系販売店でも発売します。発売日は「アテンザ」「CX-5」とも、2015年1月7日の予定です。

「アテンザ」はマツダのフラッグシップモデルとして、また「CX-5」は新世代商品群第一弾として、マツダの商品ラインナップをけん引してきました。

今回の大幅改良では、「アテンザ」「CX-5」とも、お客さまにお届けする価値をより大きく、洗練されたものに育て、お客さまに深く愛される1台となるよう、マツダの最新のクルマづくりの考え方・技術を反映させ、インテリアやエクステリア、機能性、乗り心地、安全性など、あらゆる領域の熟成、深化を図りました。

マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。この実現のため、マツダでは「CX-5」以降の新世代商品すべてにおいて、一貫性・継続性を持った開発を行い、「マツダ独自の価値」を余すことなく体現することに全力を注いできました。マツダは今後も常にあるべき理想の姿を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、各モデルの熟成、深化を行ってまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201411/141120b.html

*1 「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で調和することを目標に開発したエンジン(ガソリン・ディーゼル)、トランスミッション、ボディ、シャシーなどの新世代技術の総称。

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング