ホンダ、二輪車の世界生産累計3億台を達成

JCN Newswire / 2014年11月25日 17時26分

夢の力で3億台~3億人のお客様に ありがとう~

Tokyo, Nov 25, 2014 - (JCN Newswire) - Hondaの二輪車の世界生産累計が、2014年9月に3億台を達成し、生産工場である熊本製作所で本日、記念式典を行いました。

グローバルにおける累計生産台数3億台目の車両は、熊本製作所で生産した、40周年記念特別仕様のゴールドウイング SEとなりました。

1949年に「ドリーム D型」で二輪車の量産を開始して以来、66年目での3億台の達成となりました。

Hondaは1949年の量産開始を皮切りに、1963年にベルギーでの生産を開始、以降、「需要のあるところで生産する」という基本理念に基づき、世界各地で事業を展開してきました。「技術で多くの人々の生活をより便利にしたい」「暮らしを楽しくしたい」という想いで、数々の国や地域のお客様のニーズに合った商品を開発し、お届けしてきました。

Hondaは、現在では、世界各国のお客様から愛されるブランドに成長し、22ヵ国33拠点で幅広いモデルを生産、お客様と喜びを分かち合っております。今後もお客様のニーズに応える商品をお届けしていきます。

本田技研工業株式会社 代表取締役 社長執行役員 伊東 孝紳のコメント
「Hondaは、皆様にご支援いただいたおかげで3億台を達成することができました。今後もそれぞれの国や地域のお客様に喜んでいただける製品をお届けしてまいります」

<熊本製作所 概要>
設立: 1976年
所在地: 熊本県菊池郡大津町大字平川1500
生産品目: 二輪車・汎用製品の生産
敷地面積: 約1,616千m2
生産能力: 16万台/年(ATV含む)
従業員数: 約2,600名
主な生産機種: GL1800、NM4、リトルカブ 50、モンキー、汎用エンジン、モンパルなど

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング