シャープ、座るだけで健康状態が測定できる「健康コックピット」を「SEMICON JAPAN 2014」に参考出品

JCN Newswire / 2014年11月28日 17時15分

Osaka, Nov 28, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、座るだけで健康状態が測定できる「健康コックピット」を、半導体専門の展示会「SEMICON JAPAN 2014」(期間:12/3~5、場所:東京ビッグサイト)に併設される特別展「World of IoT」に参考出品します。

本機は、体重や血圧、血管健康度などが座るだけで測定できる椅子型の健康管理機器です。測定された健康情報は付帯のモニターに表示されます。また、血糖値や体温、ストレス度合いなどの測定項目を追加できますので、企業やフィットネスクラブ、介護やケア施設など、設置場所のニーズに応じて、カスタマイズすることが可能です。

さらに、本機による測定結果をデータベース化し、クラウドサービスを活用することにより、医師やカウンセラーとモニターを介した双方向のコミュニケーションを行うなど、精度の高いヘルスケアサービスが可能となります。

当社は、今後急速な拡大が予想される健康・予防医療分野に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/141128-a.html

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング