三菱自、名古屋製作所岡崎工場が累計生産台数500万台を達成

JCN Newswire / 2014年12月1日 17時48分

500万台目の生産車両『アウトランダーPHEV』を岡崎市に寄贈

Tokyo, Dec 1, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、名古屋製作所岡崎工場(愛知県岡崎市)の累計生産台数が500万台に達したことを記念し、本日、同工場にて記念式典を開催しました。式典には、岡崎市の内田康宏市長を来賓としてお招きし、当社からは相川哲郎取締役社長兼COO(以下、相川社長)をはじめ、社員、OBが出席しました。

なお、式典にあわせ、500万台目の生産車両となる『アウトランダーPHEV』を岡崎市に災害対策支援車両として贈呈しました。

記念式典で、相川社長は「岡崎工場は、1977年に『ランサーセレステ』、『ギャランΛ(ラムダ)』を生産して以降、これまで三菱自動車を代表する車を生産して来ました。また、国内の主力工場としての役割だけでなく、三菱自動車の海外生産拠点のマザー工場として、重要な役割も担って来ました」

また、「『アウトランダーPHEV』は、世界で唯一の4WD・SUVプラグインハイブリッド車です。この車両は、充電した電気を取り出して、電力を供給することができることから、岡崎市でも災害対策支援車両として活躍できるものと思っています。今後とも岡崎工場は、このように社会に役立つ車両を生産することで、日本だけでなく全世界の役に立つ工場になることを目指してまいります」と述べ、岡崎工場の更なる発展を誓いました。

【岡崎工場の歴史】

1977年: 岡崎工場完成、『セレステ』『ギャランΛ(ラムダ)』生産開始
1985年: 岡崎工場生産累計100万台達成
1991年: 『RVR』生産開始、岡崎工場生産累計200万台達成
1998年: 岡崎工場生産累計300万台達成
2008年: 岡崎工場生産累計400万台達成
2011年: 新塗装工場完成
2013年: 『アウトランダーPHEV』生産開始
2014年: 11月14日 岡崎工場生産累計500万台達成

【岡崎工場概要】

名称: 三菱自動車工業株式会社 名古屋製作所 岡崎工場
住所: 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
製作所長: 豊國真也
従業員数: 1,577名(2014年11月1日現在)
生産車種: 『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー』、『RVR』

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング