富士通、燃料電池自動車の普及を支援する水素ステーション情報管理サービスの運用を開始

JCN Newswire / 2014年12月15日 16時14分

トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」での利用を皮切りに、今後ニーズに応えたサービスを継続して開発

Tokyo, Dec 15, 2014 - (JCN Newswire) - 当社は、国内で初めて、燃料電池自動車に水素を供給する水素ステーションの位置や稼働情報などをリアルタイムに把握することができる水素ステーション情報管理サービスを、自動車会社に向けて提供し、12月15日より運用開始します。

本サービスは、位置情報を活用したクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL(フジツウ インテリジェント ソサエティ ソリューション スペーシオウル)」(以下、「SPATIOWL」)を基盤とした、水素ステーション情報を統合的に管理するシステムで、事業者登録された水素供給事業者の協力のもと収集された固定式・移動式水素ステーションの位置や稼働状況などの情報を、燃料電池自動車の利用者のカーナビゲーションやスマートフォンなどの端末にて活用できる情報として提供します。これにより、利用者は安心して燃料電池自動車に乗ることができ、水素ステーションならびに燃料電池自動車の利便性向上と普及に貢献します。

当社は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男、以下 トヨタ自動車)の燃料電池自動車「MIRAI」の発売に合わせ、本日より本サービスを運用開始します。今後、当社は、水素ステーションならびに燃料電池自動車の利便性向上と普及を目指し、自動車会社および水素供給事業者のニーズに応えたサービスを継続して開発してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2014/12/15.html

富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Source: 富士通株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング