三菱自、「ミラージュ」に1.2Lエンジン搭載車を追加して発売

JCN Newswire / 2014年12月25日 16時42分

また、従来の1.0Lエンジン搭載車も一部改良

Tokyo, Dec 25, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、コンパクトカー「ミラージュ」にゆとりある動力性能と優れた燃費性能を両立する1.2Lエンジン搭載車を新たに設定したほか、内外装の質感向上や機能装備の充実など一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて12月25日(木)から販売を開始します。メーカー希望小売価格は1,188,000円~1,445,040円(消費税込)。

【1.2Lエンジン搭載車「1.2 G」の主な商品特長】
- 従来の1.0Lエンジン搭載の上級グレード「G」をベースに、最高出力57kW(78PS)/6000rpm、最大トルク100N・m(10.2kgf・m)/4000rpmを発揮する1.2L 3気筒MIVECエンジン(アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」付)を搭載しました。
- 国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率で25.0km/Lとし、平成27年度燃費基準+20%および平成17年基準排出ガス75%低減レベルを達成したことで、購入時の自動車取得税と自動車重量税が免税となります。
- 外観ではフロントフォグランプ、サイドターンランプ付ドアミラー、15インチタイヤ&アルミホイール、可倒式ショートアンテナを採用。内装では本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用したほか、ピアノブラック調のパワーウインドウスイッチパネルとシフトパネルを装備することで質感を高めました。
- 1.2L 3気筒 MIVECエンジン搭載、タイヤとホイールの15インチ化にあわせて、フロントスタビライザーを採用し、操縦安定性を向上させました。

「ミラージュ」は、軽量&高剛性ボディに3気筒MIVECエンジンとINVECS-III CVTを搭載し、アイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー(AS&G)」などの低燃費化技術により優れた燃費性能を実現。コンパクトで取り回しやすいボディサイズ、きびきびとした軽快な走り、また99%UVカットガラス(フロントドア)などの快適・便利な機能装備を多数採用しています。

【1.0Lエンジン搭載車の主な改良内容】
- 外観では、可倒式ショートアンテナを全車に採用したほか、サイドターンランプ付ドアミラーを「1.0G」に標準装備、「M」「S」に寒冷地仕様*1とのセットでメーカーオプション設定としました。また、ボディカラーに「チタニウムグレーメタリック」を追加しました。
- 内装では、「1.0G」に本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用したほか、「1.0G」「M」はエアコンパネル加飾をクロームメッキ化するとともに、ピアノブラック調のパワーウインドウスイッチパネルとシフトパネルを装備しました。また、「1.0G」で採用しているメーターリングやエアコン吹き出し口などのシルバーアクセントを「M」「S」にも標準装備し、全車で質感を高めました。
- 運転席インパネアンダートレイを全車に新たに設定するとともに、「1.0G」「M」はコンソールトレイを大型化し、収納性を向上させました。また、コンソールトレイ内にUSBケーブルなどの取り出し口を設け、利便性を向上させています。
- 「1.0G」に採用しているエンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム、イモビライザー、オートライトコントロールを「M」にも標準装備しました。
- ベーシックな装備でよりお求めやすい価格に設定した「ビジネス向けパッケージ」を「S」にオプション設定しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1 グレードにより装備内容が異なります。

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング