富士通マーケティング、ビジネス利用に適した機能を備えたタブレットケースを発売

JCN Newswire / 2014年12月25日 17時55分

Tokyo, Dec 25, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:富士通マーケティング)は、「現場作業で安全かつ使いやすいタブレットケース」をコンセプトにビジネス利用に適した機能を備えたタブレットケース「Spinning Shoulder(スピニングショルダー)」(以下:Spinning Shoulder)を独自に開発し、2015年1月5日から発売します。

製品は、工場やビルなどの保守点検作業や倉庫内での在庫確認作業など、立ったままタブレット端末を操作するシーンで求められる機能に特化した使いやすさに加えて、軽量かつスリムなデザインとなっています。

富士通マーケティングは、当社ソリューションの「AZCLOUD SaaS(アズクラウド サース) 設備点検 - teraSpection(テラスペクション)-」(以下:AZCLOUD SaaS 設備点検)などタブレットに対応したクラウド型サービスを利用するお客様はもとより、タブレットを業務に活用しワークスタイル変革を目指すお客様へ本製品を幅広く提供します。

富士通マーケティングは、中堅中小企業の幅広い業種のお客様へICTソリューションを提供する企業です。当社では、タブレットを活用してビル・マンションの点検情報を管理するクラウド型サービスとして「AZCLOUD SaaS 設備点検」を2014年4月から提供しています。これに合わせて、「現場作業で安全かつ使いやすいタブレットケース」をコンセプトに、現場での利用者の声を取り入れた独自のタブレットケースの開発を進めてきました。特に、土木・建設業や倉庫業、ビル・マンションの設備点検業など立ったままの作業が発生する業務にフォーカスし、「両手がふさがらない」「長時間持ち歩いても疲れにくい」「移動時の安全性確保・機械巻き込み防止」といった使いやすさと安全性を追求しました。

「Spinning Shoulder」は、タブレットの持ち運びに加えて、ケースから取り出さずに操作可能なタブレットケースです。

タブレットを利用するときは、バックルを外し、面ファスナーを開けると前方へ約90度開きます。この状態で手を添えることなく、タブレットを操作することができます。タブレットの背面カメラ位置には開口部が設けてあり、ケースに入れたまま写真撮影ができます。ケースは、ワンショルダータイプとなっているため、移動時は斜め掛けで背負って持ち運ぶことができます。さらに、タブレット専用設計のため厚みが薄く、両手がふさがらないため、工場や倉庫などの入り組んだ場所も移動しやすく、また、機械への巻き込みや転倒などの事故を回避しやすくなっています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.fjm.fujitsu.com/news/release/2014/141225.html

富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Source: 富士通株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング