ソニービジュアルプロダクツ、テレビ画質と使い勝手向上を実現するプラットフォームを開発

JCN Newswire / 2015年1月6日 16時4分

Tokyo, Jan 6, 2015 - (JCN Newswire) - ソニーのテレビ事業を担う100%子会社、ソニービジュアルプロダクツ株式会社(以下、SVP)は、液晶テレビ ブラビア(R)の商品力強化と新たな顧客価値の提案をめざし、テレビの本質的価値である画質の徹底追求と使い勝手の向上を実現するテレビの商品プラットフォームを新規開発し、2015年に順次発売する新しいラインアップで採用していきます。

開発にあたっては、独自の差異化技術へのリソース集中と、業界のオープンプラットフォームの効率的な活用により、商品力強化と事業の収益性向上をあわせて図ります。

新しい商品プラットフォームを採用したブラビアの性能や新機能については、米国・ラスベガスで2015年1月6日(米国現地時間)から開催される「2015 International CES」において、発表・展示を行います。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201501/15-0106/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2015 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング