清水富美加・不倫騒動で「とばっちり」 ベッキーだけじゃなかった

J-CASTニュース / 2017年2月26日 14時43分

写真

ベッキーさん(2016年12月撮影)

歌手の和田アキ子さん(66)が、宗教団体「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加さん(22)の不倫騒動で度々名前のあがるベッキーさん(32)に同情した。

2017年2月26日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田(めしだ)祐馬さん(26)が過去に清水さんと不倫していたことを謝罪した件を取り上げた。

アッコ「ベッキー関係ないよね?」

その中でアッコさんは、

「私が引っかかってるのは、なんか言うと『ゲスのベッキーと一緒だ』って(言われていること)。なんでここでベッキーの名前が出てくるのかな」

と、指摘した。

2016年1月に発覚したベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(28)の不倫騒動は、今回の清水さんの一件と多くの共通点がある。女性側がもともとバンドのファンだったこと、男性側は既婚者であることを隠して交際を開始したこと...などだ。さらに清水さんたちが別れた背景には、ベッキーさんたちの騒動があったとされているため、おのずと双方を関連づけた報道や意見が相次いでいるようだ。

しかし、アッコさんはこうした状況に納得がいかないようで、「ベッキー関係ないよね?」と出演者陣に問いかける。

するとハマカーンの浜谷健司さん(39)は「ベッキー、関係ないですよ!」と完全同意しつつ、

「いつまでも不倫不倫って...これじゃ陣内さんじゃないですか!」

と突然、同じ番組に出演していた陣内智則さん(43)を名指し。陣内さんは2009年、自身の浮気が原因で藤原紀香さん(45)と離婚している。浜谷さんはその後もベッキーさんを擁護する体で陣内さんの名前を連呼したため、陣内さんは自らを指しながら「もっと可哀想な人がおる!」と叫び続ける羽目に。過去に不倫騒動を起こしたことがある司会の峰竜太さん(64)も巻き込まれ、スタジオは爆笑に包まれた。

西川史子「ふたを開けたらベッキーと一緒」

陣内さんの話は「アッコにおまかせ!」出演者間の「じゃれ合い」とも言えるやり取りに過ぎないが、ベッキーさんに関しては各所で名前があがっており、一種の「とばっちり被害」とも言えそうだ。

26日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、清水さんがもともとKANA-BOONのファンだったという話を受け、タレントのヒロミさん(52)が笑みを浮かべながら「ベッキーパターン」とコメント。芸能リポーターの長谷川まさ子さん(54)も「申し訳ない」と断りを入れた上で「本当にベッキーさんと同じパターンで、(清水さんは)結婚していることを知らず付き合い始めた」と解説した。

同日放送の「サンデージャポン」(TBS系)でも、医師の西川史子さん(45)が「最初はお仕事に悩んでこういうことになってしまったと思ってたんですけど、ふたを開けたらベッキーと一緒だった」と話し、前週に清水さんを擁護していたことを悔やんだ。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング