新体操フェアリージャパンを金に導く「赤」への情熱

スポーツ報知 / 2017年3月21日 14時0分

田中琴乃さんの、左から(1)メイク前、(2)メイク後1、リオ五輪が行われた昨年の口紅は日の丸をイメージした深い赤、(3)メイク後その2、現在試作しているものは朱色に近い。昨年のものよりさらに明るく見える

 2020年東京五輪パラリンピックで金メダルを目指す新体操日本代表「フェアリージャパン POLA」を「美」の観点からバックアップしているのが、美容コーチたちの存在だ。代表チーム専用のリップ(口紅)の開発に取り組んでいるのは、オフィシャルパートナー、株式会社ポーラの桝浩史さん(35)。美容コーチ6人の中でも、その美への造詣の深さに一目置かれている。たかが口紅などと思うなかれ。妖精たちを最大限に輝かせるための「赤」への情熱に迫った。(甲斐 毅彦)

 口紅へのこだわりを納得するためには、やはりメイクの実演をしてもらうのが一番だろう。東京・品川区のポーラ本社で、メイクのモデルをお願いしたのは、北京、ロンドン五輪に出場した元日本代表キャプテンで、現在は桝さんとともに美容コーチとして選手たちを支える田中琴乃さん(25)だ。

 桝さんが黙々とメイクを施し、田中さんは現役時代に口紅から得た底力を回想する。「鏡を見ながらリップを塗り直す時、それまで演技で失敗していても『できる!』と思える。すごいパワーがみなぎってくるのを感じていたんです。アスリートに限らず、ここぞという時に口紅を始めとする化粧品が女性に与える力はすごいな、と感じます」。力士ならばマゲを結い直す時間、歌舞伎俳優ならば隈(くま)取りの時間に相当するのかもしれない。メイクが完成するにつれ、向き合って話を聞いている者の気持ちまで引き締まって来るような気がした。

 現在、開発を進めているのは、大人っぽさを強調した昨年のリオ五輪の「ジャパンレッド」に黄色みを加えた朱色に近い赤。前作に比べると、さらに華やかさが増したような印象だ。「色が軽くなったのに合わせて、完成時には目元のアイラインを引き算してバランスを取るようになると思います」と桝さん。新メイクは、イタリアで開催される世界新体操選手権大会(8月29日~9月3日)へ向けての壮行会(5月または6月)で正式にお披露目されることになる。

 従来は既存品を使っていたが、代表チーム専用リップの提供を開始したのは、リオ五輪からだ。理由を2つ挙げるとすれば〈1〉15メートル離れた審判員の目から鮮やかに見えること、〈2〉既存品との差別化で選手の自信を深めること、となる。

 「機能を追究すると発色の仕上がりがなかなか思い通りにならない。この両立がすごく難しいんです」と桝さん。昨年度は自社研究所がある、ポーラ化成の研究員たちが、約50色の試作品を作り出し、桝さんがチェック。味の素ナショナルトレーニングセンターで、山崎浩子強化本部長(57)が15メートル離れた位置から見て、最後の1色を選び出すまでには、約4か月を要した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
hochi

トピックスRSS

ランキング