三原じゅん子氏、自民男性議員ヤジに激怒 がん患者発言に「はらわた煮えくり返る」

J-CASTニュース / 2017年5月19日 18時8分

写真

三原じゅん子参院議員の15日のブログ。「怒り」と題された

「はらわたが煮えくり返るほどに腹が立つとは、このことかと......」――自民党の三原じゅん子・参院議員は2017年5月19日、J-CASTニュースの取材に対しこう答えた。口調こそ穏やかだが、電話の向こうからは静かな怒りが伝わってきた。

三原議員をあきれさせたのは、15日に開催された自民党・厚生労働部会での、ある議員の「心無い」ヤジだ。

がん患者は「働かなくていい」

受動喫煙対策の強化をめぐり、厚生労働省は今国会への法改正を目指している。しかし、飲食店などの建物内を「原則禁煙」とする厚労省案に対し、自民党の一部には根強い反発がある。15日の厚生労働部会は、その解決を目指して開かれた。

三原自身が子宮頸がんを患った経験があり、女優時代から各種の啓発活動に携わってきたこともあり、受動喫煙の対策強化に積極的だ。

「私自身、再発のことを考えると、タバコの煙は『恐怖』です。再就職にたいへん苦労されているがん患者の方にとって、ようやく得られた職場で、煙がもくもくと上がっているというのが、どれだけ恐ろしいことか」(三原議員)

部会で三原議員は、がん患者の立場から、上記のような意見を訴えた。ところが、これに対して、ある議員からヤジが上がったというのだ。

ヤジの内容を、「Yahoo!個人」で認定NPOフローレンス代表理事・駒崎弘樹さんが議事録を入手したとして、次のように記している。

「(がん患者は)働かなくていいんだよっ!」

三原議員に確認すると、言葉を選びつつ、「そちらに書いてあった通りです」とヤジの内容を認めた。その言葉を聞いた瞬間の思いを聞いたところ、返ってきたのが冒頭の「はらわたが煮えくり返るほど......」の言葉だった。

全がん連も「抗議」声明を発表

一連のやりとりを、具体的なヤジについてはぼかしつつも三原議員は15日、「怒り」と題してブログに投稿した。17日には、上記の駒崎さんがYahoo!個人でその詳細を明かしている。そして18日、全国がん患者団体連合体はこの件について抗議声明を発表した。

全がん連はこの発言が、政府が進める「がんの治療と職業生活の両立を支援するための取組」に反するものだとするとともに、

「がん患者の就労のみならずその尊厳を否定しかねないものであること、受動喫煙防止対策の推進を阻害しかねないものであると考え、全国がん患者団体連合会はここに抗議を表明するとともに、働くことを希望するがん患者に対する就労支援の推進と、建物内禁煙を基本とした実効性のある法的措置を講じることを、改めて強く要望いたします」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング