【巨人】マイコラス投打で奮闘 7回1失点で8勝目&2点タイムリー

スポーツ報知 / 2017年7月17日 21時10分

6回を投げ終えたマイコラス(左)とハイタッチを交わす小林

◆中日1―5巨人(17日・ナゴヤドーム)

 巨人が5―1で中日を下し今季3度目の4連勝とした。

 初回、長野の2試合連続となる先頭打者アーチで先制すると、2回無死一、三塁から小林の遊ゴロで三塁走者・陽が生還し加点。6回1死満塁ではマイコラスが中前に2点タイムリーを放ち、中日先発の小笠原をKO。7回には阿部のタイムリーで突き放した。

 先発のマイコラスは、6回に3連打で1点を失ったものの、7回を6安打1失点で切り抜け、8勝目を挙げた。8回は西村、9回はカミネロが締めた。

hochi

トピックスRSS

ランキング