男子50キロ競歩で銀と銅…初の複数メダル

読売新聞 / 2017年8月13日 20時20分

男子50キロ競歩、2位でゴールする荒井広宙(左)と3位の小林快(13日)=鈴木毅彦撮影

 【ロンドン=西口大地】陸上の世界選手権は12日、ロンドンで男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平、飯塚翔太、桐生 祥秀 よしひで 、藤光謙司)は、38秒04で世界選手権では初の表彰台となる銅メダルを獲得した。

 優勝は英国、2位は米国。5連覇を狙ったジャマイカのアンカーを務めたウサイン・ボルト(30)は左脚を痛めて途中棄権し、引退レースを飾れなかった。

 最終日の13日には男子50キロ競歩の荒井 広宙 ひろおき (29)(自衛隊)が3時間41分17秒で銀メダル、小林快(24)(ビックカメラ)が3時間41分19秒で銅メダルを獲得した。日本競歩勢の銀と複数メダルは世界選手権、五輪を通じて初。荒井はリオデジャネイロ五輪銅メダリスト。世界選手権の同種目では前回北京大会の谷井孝行(34)(自衛隊)の銅に続く2大会連続メダルとなった。

Yomiuri On-Line

トピックスRSS

ランキング