【第84回】海外旅行で使える「お得技」 頭に入れておくべき4つのコト

東京バーゲンマニア / 2017年8月13日 10時21分

写真

前回は海外旅行前に免税品を買うメリットについて紹介しました(※)。今まで紹介した記事を見直していると、意外と海外旅行のネタを書いていることに気が付きましたので、一度海外旅行時に使えるお得技をまとめておきたいなと思います。

海外旅行保険はクレカを活用

まず、海外旅行保険です。クレジットカードの海外旅行保険は自動付帯と利用付帯があります。利用付帯とは旅費やツアー代金などをクレジットカードで決済した場合に付帯する特典です。一方、自動付帯はクレジットカードを保有しているだけで付帯する特典です。

海外旅行傷害保険は、死亡後遺障害以外は合算可能。従って、旅費を利用付帯で支払い、自動付帯のクレジットカードを保有していると補償が上乗せされるのです(※)。

ただし、クレジットカードの旅行保険合算はクレジットカードをたくさん保つ必要があります。そんな時にオススメなのが「クレカ+プラス」。対象カードはMUFGカード、NICOSカード、DCカード、セゾンカード、UCカード、オリコカード、UCSカードと限定されますが、クレジットカードの旅行保険にプラスするだけで補償が手厚くなるのです。

たとえば、治療・救援費用が無制限のプランでイギリス10日間の旅行では2120円(それ以外はクレジットカードの補償に依存)。空港で申し込むような海外旅行保険で治療・救援費用が無制限のプランを見ると、同期間・同エリアで9230円と7000円近く節約できます。

お得に外貨両替

以前、海外旅行ではキャッシングがお得ということも紹介したことがあります(※)が、今年の夏休みの外貨両替はLINE Payを使ってみましょう。

LINE Payカードも紹介した事がありますが(※)、このLINE Payで外貨両替ができるのです。

特に、今年の夏休み期間中(9月15日まで)は手数料無料キャンペーンを実施しています。筆者も100米ドル両替してみましたが、キャンペーン期間中は1回なら郵送料も無料。為替手数料もかからないため、かなりお得。キャッシングは不安という方にもオススメな方法です。

ただし、両替できる通貨は米ドル、ユーロ、韓国ウォン、中国元のみ。それ以外の通貨の場合は、やはりクレジットカードのキャッシングを使うのが良いでしょう。

海外旅行でも共通ポイントカードは必須

海外旅行前は荷物を整理しますよね。普段使わないようなカード類は財布から取り出して家で保管、という方も多いのではないでしょうか。しかし、海外旅行でも共通ポイントカードは財布に入れておきましょう。最近では、海外でもTポイントやdポイント、Pontaポイントが貯まる場合もあるのです。先日行ったグアムではTカードとdポイントカードを使ってきました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京バーゲンマニア

トピックスRSS

ランキング