又吉イエス、マック赤坂、後藤輝樹、そしてドクター中松... あの「名物候補」、今度の衆院選は?

J-CASTニュース / 2017年10月12日 7時0分

写真

前回の衆院選で街頭演説に立つ又吉イエスさん(2014年撮影)

ついに始まった衆院選、マスコミでは「3極の対決」という話題ばかりが目立つが、もちろん「3極以外」の候補者たちも、大勢いる。(メディアが言うところの)「泡沫候補」ながらも、奇抜な政策や選挙ポスター、政見放送などで人々の注目を集める「名物候補」らも気になる存在だ。

過去の国政・首長選挙で有名になった名物候補を中心に、今回の選挙での動向をまとめた。あの名物候補は今回、どの選挙区で立候補したのか、そもそも立候補したのか......

東京1区からはお馴染みの...

「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄さん(73)は、「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズが並ぶ選挙ポスターで知られる。衆院選は、「マニフェスト選挙」といわれた2003年からはじまり、過去5度の挑戦歴を誇る。今回は、国・地方合わせ通算17度目の選挙だ。恒例の東京1区から出馬している。

佐野秀光さん(47)率いる政治団体「支持政党なし」は前回2014年の衆院選で、比例北海道ブロックで社民党などを上回る4.19%という得票率を記録した。議席は獲得できなかったものの、その名称は大きな話題となり、賛否両論を呼んだ。今回の選挙でも、比例東京ブロックに自らを含め4人の候補者を擁立する。

東京1区から出馬している犬丸光加さん(57)は、2013年・16年参院選などに立候補した犬丸勝子さんの妹だ。勝子さんは、「不正選挙」追及などの主張で知られ、13年参院選では1万2683票とマック赤坂さん(1万2228票)を上回る支持を集め注目されたが、17年2月に死去、その弔い合戦となる。

マック赤坂ら「有名人」の不出馬目立つ

一方、不出馬組も多い。

まず1991年以来たびたび選挙戦をにぎわせてきた発明家・ドクター中松さん(89)は、今回立候補なし。80歳をすぎた2014年にも都知事選・衆院選と立て続けに登場したものの、その後15年にはガンを患っていることを公表している。

4度にわたる都知事選出馬、14年の大阪市長選での橋下徹氏との「対決」などがテレビなどでも取り上げられた選挙界の「名物男」、スマイル党総裁・マック赤坂さん(69)も、今回の衆院選には出馬せず。SNSなどではコメントがないが、7月に都議選へ挑んだばかり(13位・定数8)。なお、都議選直後のハフポストのインタビューでは、2018年の京都府知事選への関心を見せている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
J-CASTニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング