謎の流行「田中将大ガチャ」って何だ 先発するたび話題沸騰の怪現象

J-CASTニュース / 2017年10月21日 7時0分

写真

田中将大が「ガチャみたい」?

「田中将大ガチャ」。こんな耳慣れないワードが、インターネット上の野球ファンの間で話題になっている。

これは、好不調の波が激しいヤンキースの田中将大(28)の投球を、課金型スマートフォンゲームの「ガチャ」と呼ばれるくじ引きシステムになぞらえた言葉だ。ネット上では、田中投手が登板するたびに、「田中ガチャ何が出るかなぁ」などの声が飛び交う騒ぎが起きているのだ。

「田中将大ガチャ成功してるやんけ!」

2017年の田中は不安定な投球が続いた。レギュラーシーズンの成績は13勝12敗、防御率4.74。目の覚めるような快投を見せたかと思えば、次の試合で滅多打ちを食らうなど、投げてみるまで調子が分からないような投球が目立った。

波の激しい投球を繰り返す今季の田中には、地元ニューヨークのメディアも「謎の存在」(NYデイリーニューズ)、「ザ・マサヒロ・タナカ・パニック」(ニューヨークポスト紙)などと手厳しい評価を寄せてきた。

こうした田中のピッチングの内容が、国内のネットユーザーの間で「ガチャみたいだ」と思わぬ形で注目を集めているのだ。

そもそも、「田中将大ガチャ」というワードが広まったのは、10月7日にネット掲示板「2ちゃんねる」上に、

「ヤンキースさん、0勝2敗の後がない状況で田中将大ガチャ(20億)を回してしまう」

というスレッドが立ったのがきっかけだ。

これは、ア・リーグ地区シリーズ(全5試合)の第3戦で、ヤンキースの先発に田中が選ばれたことで立ったもの。このスレッドでは、負けたらシリーズ敗退という崖っぷちの状況の中で、田中がどんなピッチングをするかを「ガチャ」になぞらえて予想する意見が交わされていた。

その後、田中はこの試合で強打のインディアンス打線を相手に7回無失点7奪三振の快投を見せた。するとツイッターやネット掲示板には、先の「ガチャ」に関するスレッドを引き合いに、

「田中将大ガチャ成功してるやんけ!」
「田中ガチャのSSR(編注・ダブルスーパーレア)をここぞで引くとは流石ヤンキース」
「(ヤンキース監督の)ジラルディは田中ガチャに勝ったんやね」

などと面白がる書き込みが相次いだのだ。

「秋の確率アップキャンペーン中」?

こうした一連の流れをきっかけに、ネット上の野球ファンの間では「田中将大ガチャ」という言葉がブームに。実際、10月20日昼時点でツイッターの検索欄に「田中将大」と入力すると、関連ワードの一番上に「ガチャ」が表示されるほどの話題を集めている。

さらには、今シーズンの田中の全登板を「ガチャ風」にまとめる動きも。5失点と打ち込まれた場合は「N」(ノーマル)、6回3失点以下のQSを達成した場合は「PR」(プレミアムレア)、完封を「PSSR」(プレミアムダブルスーパーレア)などと細かく分類し、それぞれの「排出率」を計算するユーザーが出ているのだ。

ちなみに、上で述べたような分類を今季の田中の登板に当てはめると、「N」が出る確率は30%、「PR」の確率は16%、「PSSR」の確率は3%――などの配分となっていた。

なお、田中はアストロズとのア・リーグチャンピオンシップでも好投。第1戦(10月13日)では6回2失点、第5戦で(18日)では7回無失点とほぼ完璧なピッチングを続けている。こうした田中の姿にツイッターでは、

「秋の確率アップキャンペーン中の田中ガチャ」
「PSの田中ガチャ当たりばっかりで凄い」
「ポストシーズンはSR確定キャンペーンみたい」

などと冗談めかしながら称賛する書き込みが相次いでいる。

J-CASTニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング