日馬富士の暴行事件、「とくダネ!」生出演の若狭勝弁護士「起訴される可能性ある」

スポーツ報知 / 2017年11月15日 8時57分

若狭勝氏

 15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が、前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=に暴行を加え、大けがをさせた事件を報じた。

 番組に出演した元衆院議員の若狭勝弁護士(60)は、今回の事件について日馬富士が逮捕、起訴について「起訴される可能性はある」と言及した。その上で「ポイントは動機と対応、結果ですね。この3つのポイントがあります」と明かした。

 「動機は、これから捜査されると思いますが、対応がビール瓶の底の硬いところで上から叩きつけると、私も殺人事件で起訴したことありますが、ビール瓶で殴って殺してしまったという。今回、少なくともそのような危険な対応だったかどうかっていう。結果は、全治2週間ってなってますけど、診断書が出たのが11月9日。そっから2週間ということだと、受傷時から1か月ぐらいかかる。この1か月以内か、もっとかかるかが起訴するかどうかについては、1か月というのは大きなポイントなんです。それが悪質と認定されれば、起訴される可能性あります」と断じた。

 その上で「示談が成立して被害者側が許してくださいという上申書を出せば、起訴される可能性は少なくて罰金で終わる可能性はあります」と解説した。さらに、相撲協会が独自に調査を開始したことは「相撲協会が調査するのは差し控えた方がいい。警察が捜査しているので。相撲協会が善意で正直に話せよと言ったところで、その正直に話せというのが、どういう意味なのかってなってしまう。警察が動き出したら、相撲協会はタッチしない、という方が後々、やれ隠蔽したというのを避けるためにも大事」と指摘していた。

hochi

トピックスRSS

ランキング