堺雅人、俳優人生30年 理想とする俳優像とは 主演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

スポーツ報知 / 2017年12月8日 11時0分

大河ドラマでの戦国武将から一転、夫婦愛がテーマのファンタジー作品に挑んだ堺雅人(カメラ・能登谷 博明)

 俳優・堺雅人(44)が、約4年半ぶりの主演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督、9日公開)で抜群の存在感を放っている。初共演の女優・高畑充希(25)と「夫婦の絆」を演じるファンタジー大作。16年に主演したNHK大河ドラマ「真田丸」以来、1年半ぶりに迎えた撮影初日に「ワクワク、ドキドキした」。高校1年時に演劇部でスタートさせた俳優人生は来年で30年。芝居は趣味と自負する堺が理想とする俳優像とは―。

 1年2か月間の長丁場だった「真田丸」の撮影中に今作の台本を受け取った。

 「大河は次から次へと台本が来て、一生懸命覚えなきゃと脅迫観念のような1年半でしたね。50話をず~っと覚える生活に慣れてたので、今回は読んだらスーッと覚えちゃって。生まれて初めての感覚でした」

 今年1月、実に1年半ぶりの撮影初日を迎えた。

 「久しぶりの新しい現場はドキドキ、ワクワクしました。新しいものを始める新鮮な気持ちでした。原作は30巻を超える膨大な漫画で、7巻まで読んで諦めました(笑い)。神話やおとぎ話のような世界観。ファンタジー要素が今までで一番強いかもしれないけど、根本は小さな夫婦の物語。夫婦の絆をしっかり演じようと撮影に入りました」

 年の離れた妻・亜紀子と鎌倉で暮らすミステリー作家・一色正和役。初共演の高畑とラブラブ夫婦を演じた。

 「『真田丸』と『とと姉ちゃん』が隣のスタジオで撮影したので、NHKの廊下でお互い頑張ろうとあいさつしてた。高畑さんは若いけど堂々たる実力派女優で、根拠のない信頼感があった。監督から『とにかくラブラブな夫婦で。イチャイチャして』と言われて。どうイチャイチャしようか2人で話してました」

 山崎監督とは初タッグ。正和が黄泉(よみ)の国へ連れ去られた亜紀子を助けに向かう物語の後半は、VFX(視覚効果)による幻想的な世界観へと一変する。

 「ここまでグリーンバック(合成用の背景)が多い撮影は初めて。出来上がりが分からないままやるのは楽しかった。初めて黄泉の国に行くシーンは想像の2~3倍すごかったので『うぉぉぉ!』って、もっと大きく驚けばよかった」

 今年1月から鎌倉などで撮影。妻を探して全力疾走するシーンは必見だ。

 「真冬の鎌倉の夜道をパジャマ一枚だったので、カイロを120枚張って走りました。凍えながら深夜まで走ったら逆に暑くなっちゃった。その直前のシーンで久しぶりに全力ダッシュして死にそうでした。100メートルが20キロくらいに感じて、44歳で生命の危機を感じた僕の顔を見てほしい」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
hochi

トピックスRSS

ランキング