榊原郁恵、35年ぶりの賞に「結婚30年の節目にいただけてうれしい」

スポーツ報知 / 2017年12月7日 19時20分

「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席した榊原郁恵

 タレントの榊原郁恵(58)が「第30回ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2017」の特別賞を受賞し7日、都内で贈呈式に出席した。

 賞を受賞するのは、主演ミュージカル「ピーターパン」で1982年にゴールデン・アロー賞(大賞・演劇賞)に輝いて以来、35年ぶり。「記憶にないですね。新人の時はいろいろと歌の方でもいただきましたが…。デビュー40周年、結婚30年の節目にいただけてうれしい」と感激していた。

 10月に俳優の渡辺徹(56)との結婚30周年を迎え、11月には渡辺2人で朗読劇を行った。「充実した1年でした。今年はやりつくしました」と満面の笑みを浮かべ、「初心にかえった気落ち。来年チャレンジ精神で頑張っていきたい」と力を込めた。

 榊原は15年から出演するCS放送・旅チャンネルの「榊原郁恵の町のお嬢さん」で、ケーブルテレビの発展に貢献したことが評価された。これまで全国各地を旅してきたが、「まだまだ行けてないところがたくさんあるので、皆さんの地元に足を運んで元気なお嬢さんと出会いたい」と語った。

hochi

トピックスRSS

ランキング