福田明日香、モー娘。脱退後の「壮絶人生」 対人恐怖症、シングルマザー、食費「月1万」...

J-CASTニュース / 2017年12月7日 19時58分

写真

グループ脱退から18年。32歳となった福田さん(画像はブログより)

元「モーニング娘。」メンバーで歌手の福田明日香さん(32)が、グループ脱退を決意した理由や現在の近況を、出演したバラエティー番組の中で赤裸々に打ち明けた。

福田さんは1998年、「モー娘。」第1期メンバーとして12歳でデビュー。抜群の歌唱力でグループのメインボーカルも務めたが、翌99年に14歳の若さで芸能界を電撃引退した。それから18年。32歳となった福田さんは、一体どんな生活を送っているのだろうか。

「重曹水で髪の毛を洗っていました」

福田さんの近況を特集したのは、2017年12月5日放送の「マジか!その後の人生 ~栄光を掴んだ天才10人 今を大追跡SP~」(テレビ東京系)。かつて脚光を浴びた著名人の「その後」に密着するという番組だ。

VTRで福田さんは、スタッフとの集合場所に「ママチャリ」で登場。ジーンズにスニーカー、セーター姿のラフな格好で、自転車の後部座席には2歳の娘が乗っていた。娘を見た番組スタッフから「ご結婚されているんですか?」と聞かれた福田さんは、

「それが離婚しまして。1人親です」

とシングルマザーであると告白。実際、福田さん本人も7月23日のブログで、16年7月に結婚から1年と経たずに一般男性と離婚したことを明かしていた。

福田さんは現在、築37年のアパートで娘と暮らしている。間取りは2K。建物にエレベーターはなく、部屋がある4階までは娘を背負いながら階段を上がっているという。家計が苦しいため、節約して生活を切り詰めているそうで、福田さんはVTR中に、

「節約が趣味なんですね。だから、意識はしてます。ほとんど、自分で買うのは100円ショップなんですよ」

とも話していた。娘が使うおもちゃも、友人の子供の「おさがり」を譲って貰っているという。

節約生活について、福田さんは「一番行き過ぎてた時は、重曹水で髪の毛を洗っていました」とも振り返る。さらにVTRでは、月の食費は母娘あわせて1万円程度まで抑えている、とも紹介されていた。

「見ていて辛かった」「もう無理しなくていい」

さらに福田さんは、デビューからわずか1年半での芸能界引退を決めた理由や、グループ脱退直後の心境についても告白した。

まず、12歳で「モー娘。」のメンバーとして活動していた時期について、めまぐるしい環境の変化についていけず、精神が不安定になっていたと説明。その上で、

「思うように声が出なくなっちゃったり、思うように体が動いてくれなかったりって感じになりまして。ちょっとこれはもう、活動は続けるのは難しいと思ったんです」

とも振り返る。芸能界を引退して一般人となった後も、周囲の目が気になって「人見知りというか、すごく引きこもり気味になりました」という。

番組では、福田さんが「対人恐怖症」になり、高校も中退したとのエピソードを紹介。

脱退から5か月後にグループが「LOVEマシーン」を発表し、社会現象にもなる大ヒットを記録した際、なんと福田さんは人目を避けてスーパーのバックヤードでアルバイトをしていたという。

その後も人前で歌うことも避けていたという福田さんだが、25歳の時にたまたま人前で歌う機会があり、音楽の魅力に再び気付いた。2011年からは、ボーカルグループ「PEACE$TONE」のメンバーとして活動。現在は、ボイストレーナーの仕事をしながら音楽活動を続けているという。

そんな福田さんの「近況」が番組で紹介されると、ツイッターやネット掲示板では、モー娘。時代の姿を知るファンから、

「見ていて辛かった」
「学業に専念でまっとうな人生歩んで勝ち組になるかと思えばこんなことに...」
「もう無理しなくていいから楽に生きてください」
「福田明日香がシングルマザーで食費月1万円生活だなんて。苦労してたのな」

といった驚きや感慨の声が続々と出ている。

福田さん「この場を借りて、訂正させてください」

ただ、福田さんは番組放送後の12月5日夜に更新したブログで「失言があったことを、心よりお詫び申し上げます」と放送内容について謝罪した。

実は、福田さんがVTR中に、

「私は歌さえやっていなかったら、こんなことにはなっていなかったとか。音楽さえやっていなかったら、どんな人生があったんだろうとか。もっと明るい人生があっただろうにとか、思っていましたね」

と、「モー娘。」として活動したことを後悔するような発言をしたことが、一部ファンの間で物議を醸していたのだ。

ツイッターやネット掲示板で、「歌のせいにするのはどうかと思う」「やりたくて入って、つらくてやめて離婚もして、全てあなたの決めたことでしょ」など、福田さんの発言に批判的な書き込みが出ていたのだ。

そのため、福田さんは上述した謝罪ブログで、「この場を借りて、訂正させてください」として、

「引退した直後の、2年間ほど、悩んでいた時期のお話をさせていただいた際に、表現が過剰になってしまいました。歌が無かったら、今の私はありませんし、応援してくださっていたファンの方にも、言い尽くせないほどの感謝をしております」

と訴えていた。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング