白鵬に優勝額贈呈式「今年も色々あると思う」

スポーツ報知 / 2018年1月13日 11時48分

優勝額を贈呈された先場所優勝の横綱・白鵬

 大相撲初場所(14日初日・両国国技館)を前に、13日には優勝額贈呈式が行われた。昨年九州場所で40回目の優勝を飾った横綱・白鵬(32)=宮城野=は出席したが、同年秋場所を制した元横綱・日馬富士関(33)は、十両・貴ノ岩への傷害事件で引退。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)も代理出席を辞退した。

 1人だけの寂しい贈呈式となった白鵬は、「今年も色々あると思う。引きしまる。いつも通りやるだけ」と語り、同じモンゴル出身の元横綱の“不在”には触れなかった。贈呈式は東京場所の初日前日に、直前2場所の優勝者を対象に行われる。恒例の土俵祭りに出席した八角理事長(元横綱・北勝海)は、「それぞれが頑張ってもらい、いい相撲ととってもらいたい」と話した。

hochi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング