【東都大学準硬式野球】日大が2つ目の勝ち点

スポーツ報知 / 2018年4月17日 16時46分

4安打を放った日大・石田

◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 日大11―8専大(17日・上柚木公園野球場)

 日大が打ち勝って2つ目の勝ち点を挙げた。

 初回、天本隼人(4年=長崎日大)の適時打などで2点を先制すると、5回には石田崇人(2年=日大東北)の適時打、天本の犠飛で2点を追加。7回にも天本の右越え2ランなどで4点を加えた。専大は6回に五十嵐健(3年=常総学院)の中越え2ラン、9回には打者11人を送り込む猛攻で5点を奪って追い上げるも届かなかった。

 日大・石田崇人「勝ち点が取れてよかったです。次も頑張ります」

hochi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング