東北道57キロ、東名・関越も40キロ超の渋滞

読売新聞 / 2018年8月11日 18時29分

お盆の帰省ラッシュで渋滞する関越自動車道下り線(11日午前9時46分、埼玉県嵐山町で、読売ヘリから)=松本剛撮影

 お盆の帰省ラッシュが11日にピークを迎え、朝から交通機関の混雑が続いた。

 東海道新幹線は午前7時10分東京発博多行きの「のぞみ9号」で自由席の乗車率が160%となり、東北新幹線や北陸新幹線でも、午前中に自由席乗車率が150~170%に達する列車が出た。

 日本道路交通情報センターによると、東北道下り線で午前7時50分頃、栃木県の矢板北パーキングエリア付近を先頭に57キロの渋滞が発生。東名、関越、中央道の下り線でも40キロを超える渋滞になった。

Yomiuri On-Line

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング