常磐道を10キロ逆走か…トラックと衝突し死亡

読売新聞 / 2018年11月9日 12時1分

 9日午前1時半頃、茨城県常陸太田市大森町の常磐自動車道下り線で、乗用車が逆走し、トラックと衝突した。乗用車の同県小美玉市羽鳥、会社員阿久津有矢さん(21)が全身を強く打って死亡し、トラックの埼玉県草加市の男性会社員(39)も頭などに軽傷を負った。

 県警高速隊の発表によると、現場は日立南太田インターチェンジ(IC)―日立中央IC間の登坂車線のある3車線。阿久津さんの車は追い越し車線を逆走し、衝突後は2台とも登坂車線まではじき飛ばされ、ガードレールにぶつかった。

 同隊は、阿久津さんの車が事故現場から約10キロ離れた日立中央パーキングエリア(日立市)から逆走したとみて原因を調べている。

Yomiuri On-Line

トピックスRSS

ランキング