ソフトバンクで「圏外」相次ぐ 東京消防庁は「119番通報」について注意喚起

J-CASTニュース / 2018年12月6日 15時20分

写真

「圏外」となったソフトバンクの携帯画面

2018年12月6日午後、ソフトバンクユーザーからは「圏外になった」「3Gで繋がる」といた声が多数あがっている。

ツイッターでは15時現在も「ソフトバンク圏外で辛い」といった声が相次いでいる。J-CASTニュース編集部内でのソフトバンクユーザーは、ずっと圏外のままのケースや、時々3Gで繋がるケースなど、通信が安定しない状況が続いているようだった。

「ソフトバンクショップきたらたくさんの人がいた!」

突然の通信障害にツイッターでは、芸能界からも困惑の声が上がっている。実業家の落合陽一さんは14時7分に「ソフバン死んだ...」とツイート。お笑いタレントのおばたのお兄さんは14時1分に、

「ソフトバンクユーザーへ!圏外になってるの通信障害らしいです!ソフトバンクショップきたらたくさんの人がいた!みーんないっしょだよ!」

と投稿。その後も「友達、家族、取引先の人と連絡繋がらない!電話にでない!!ってイライラ人いたら、これが理由の可能性あるから穏やかに穏やかにぃ~!」とツイートしている。

14時30分ごろ、ソフトバンク広報部はJ-CASTニュースに対し「13時39分ごろから一部地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況となっております」と現状を説明、公式サイトでも同様の説明を公開しているほか、Y!mobile(ワイモバイル)も公式サイトで同じく障害について説明している。

東京消防庁は15時3分にツイッターを更新、

「現在、ソフトバンク回線の一部で、119番通報がかかりづらい状況となっております。火災や救急等の緊急時は他社の固定電話または携帯電話から119番通報をするか、お近くの消防署に直接通報してください」

と、注意を促したほか、名古屋市消防局も同様のツイートをしている。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング