PayPay旋風で浮き彫りになる、電子マネー&ポイントカードの「二刀流」が面倒くさい問題

J-CASTニュース / 2018年12月13日 7時0分

写真

ポイントと電子マネーの友好な関係は…

20%キャッシュバックが話題のスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が、ファミリーマートで使えるようになった。200円で1ポイントたまる「Tカード」を提示して、よりお得に......と考える人も多いだろうが、そこにはひとつ問題がある。とにかく面倒なのだ。

スマートフォンで両方やろうとすると、急いでアプリを切り替えないといけない。かといって、財布からカードを出すのもスマートじゃない。じゃあ、一体どうしたらいいのだろうか。

実はファミマでは「決済と同時付与」できる

ファミマでの「もどかしさ」については、ここ数日ツイッターでも指摘されている。

「Tカードも同時に提示するのが、なかなか慣れない」
「PayPay、ファミマの支払いの度にTポイントカードを提示するのが面倒だな」
「paypayで払おうとしたらTポイントカードは? と聞かれ、結局リュックを下ろして財布を出す事に...。なんだかなぁ...」

スマホの決済画面を見せつつ、財布からカードを出し入れするのは、かなりの手間になる。近頃はスマホにバーコードを表示させて、ポイントカードとして代用できるようになりつつあるが、決済アプリとポイントアプリを即座に切り替えるのは、それはそれで面倒だ。ましてや、背後にレジ待ちの列ができていたら、「まあいいか」とポイントをあきらめたくもなる。

この問題は、PayPayとTポイントに限った話ではない。楽天EdyやiD、QUICPayなど、10年以上の歴史を持つ電子マネーですら、基本的には加盟店のポイントサービスと連動していない。数少ない例外が、意外にもファミマだ。クレジットカードの「ファミマTカード」に紐づけたiDを利用すると、決済とポイント付与が同時にできる。

このサービスが誕生したのは08年9月。10年の歴史を持つが、あまり知られていないのには、いくつか理由が思い当たる。ファミマTカードは、ファミマ以外でのポイント還元率が0.5%と、他のクレジットカードと比べた「お得さ」が少ないため、「ファミマ用のカードをあえて作らなくても......」と思われがち。また、長らく「おサイフケータイ」対応機を持っている人のみに限られていたことも、ハードルを高くしていただろう。なお、17年3月からは、「Apple Pay」でも、この恩恵を得られるようになっている。

ローソンでも11月から同時付与スタート

ローソンでも18年11月から、Apple Payでの決済時に、Pontaのポイント付与もできるサービスが始まった。こちらは支払えるクレジットカードのバリエーションが広く、Suica決済にも対応している。しかし、こちらにもちょっとしたクセがある。普通であれば、店員に「Suicaで」「QUICPayで」などと言うところ、同時付与では「Apple Payで」と言うのだ。なお、ポイントカードの有無を聞かれた時に、「iPhoneで」などと答えてタッチし、その後に決済方法を伝え、ふたたびタッチする方法もある。

ここまであげたファミマとローソンの例は、どちらもApple Payやおサイフケータイなど、ハード面での対応が必要だ。PayPayなどのバーコード決済は対応機種も多いため、これからさらに普及が進むだろう。ソフト面でユーザーの負担を緩和できるなら、それに越したことはない。そして、「20%還元」の恩恵は、やっぱりラクに受けたい。

現実的な線としては、決済アプリに「ポイント付与用のバーコード」の表示機能も付けて、アプリ同士の行き来をなくすこと。PayPayの親会社であるヤフーとソフトバンクは、ファミマとともにTポイント・ジャパンの株主でもあり、筆者としてはなんらかの可能性を期待している。

余談ながら、キャッシュレス決済マニアの筆者が、ファミマTカードiDで支払うときは、レジに並ぶたびに「Tカードはお持ちですか?」への答えに悩む。「iDで」だと会話がチグハグしている気がするし、「ないです」だと「お作りしますか」となりかねない。かといって、「ファミマTカードのiDなので、カードを提示しなくても付与されるんですよ」などと早口でまくし立てたとて、向こうからしたら「知ってるよ」となるし......って、ちょっと考え過ぎだろうか。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング