星稜・林監督、6月4日まで野球部の指導禁止

スポーツ報知 / 2019年4月16日 8時5分

星稜・林和成監督

 センバツで対戦相手のサイン盗みを疑い、異例の抗議を行った星稜(石川)の林和成監督(43)について、同校は15日、春季北信越大会が終了する6月4日まで野球部の指導を禁止することを発表した。4月20日に開幕する春季石川大会は、山下智将部長(37)が監督として指揮を執る。同校は、北信越大会後の指導については「未定」としている。

 林監督はセンバツ2回戦の習志野(千葉)戦で敗れた後、二塁走者が捕手のサインを盗んで打者に伝えていたとして、習志野の控室に2度乗り込んで抗議。日本高野連に謝罪した。学校は、林監督がその後も週刊誌の取材に無断で応じたことなど一連の言動を問題視。4日に調査委員会を設置し、12日に山下部長とともに懲戒処分(処分内容は非公表)とすることを決めた。林監督は5日以降は指導を自粛している。

 監督として春季大会に臨む山下部長は「選手たちには『もう一回、足元を見つめてやろう。応援されるチームになろう』と伝えました」と語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング