山口真帆、新潟での「卒業」はあるのか 須田亜香里、グッズ発売中止だけでは「発表までわからない」

J-CASTニュース / 2019年4月21日 13時48分

写真

須田亜香里さん(2018年11月撮影)

SKE48の須田亜香里さん(27)が2019年4月21日放送の情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系列)に出演。

NGT48の山口真帆さん(23)の公式グッズ発売が急遽中止になったことを受け、ファンから「卒業じゃないのか?」という憶測が出ていることに対し須田さんは、「グッズが中止イコール卒業というのは私は考えにくい」との見解を示した。

「あぁ望んで出るわけじゃないのかなって想像してしまうと心配」

この日番組では、暴行被害を受けた山口さんが21日の夕方から、NGT48劇場(新潟市)で行われる公演に約3か月ぶりに出演することについて触れ、山口さんが卒業するのではないのかという噂や報道に対して、須田さんが様々な言及をした。

まず最初、須田さんは「私も今日(山口さんが公演に)出るのは皆さんと同じように公式サイトで知る形だった」とした上で、

「グループが解散しちゃうんじゃないかということもささやかれている中で、チームが解体ということだけで済んだのも、色々言われますけど、それ以外に真面目にやっている子たちも沢山いるから、そういう子たちのことを思うとチーム解体でとどまったのは幸いだったんじゃないか」

と、解散という形ではなく、チーム制度がなくなったということに対してコメントした。

また、山口さんが公演の前日である20日、有料会員向けに送ったメールで「明日が来て欲しくない」とのメッセージを送ったと一部で報じられた件については、

「これが出る前は、山口さん自身が望んで公演に出るんだという風に思ってたけど、これを見て、あぁ望んで出るわけじゃないのかなって想像してしまうと心配」

と、吐露。卒業発表などについては、「あるかもしれないし、それは本当に(発表が)されるまではわからない」と述べた。

なおAKB48グループの総合通販サイト「AKB48グループショップ」にて、山口さんの公式グッズ販売される予定だったが、急遽発売中止になったことが報道され、「卒業するのではないか」との憶測が上がっていたことに対しては、

「グッズが中止イコール卒業というのは私は考えにくい」

との見解を示した。

その理由については、サイン入りグッズを発売する際には、毎回メンバーがサインを書いた紙を提出して、それをその都度スキャンしてグッズにするため、「騒動があった中でグッズ販売の話とかさすがにするものじゃない」とのことだった。

山口さんがAKB48に移籍するのではという噂については、

「その事実は全くないけど、もしも本人が望むのであれば、それでアイドルがやれるっていう気持ちになれるのであれば」と話していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング