ちょい足しで本格派の味に。カルディで人気の海外調味料3つ。

東京バーゲンマニア / 2019年6月7日 18時53分

写真

ハリッサ使用例(画像は公式オンラインショップより)

「ちょい足し」するだけでマンネリ料理から脱出できる、「カルディコーヒーファーム」で今人気の調味料が2019年6月5日放送「Live News it!」(フジテレビ系)にて放送されました。

今回は、番組で紹介された「調味料の使い方」に加え、ネット上の口コミを拾って商品の魅力を伝えます。

「お店に来てるような感じ」

1つめは、ベトナムのラー油「シンチャオ サテトム(100g/298円)」。

レモングラスの香りと濃厚なエビの旨味がつまったペーストです。

番組では、いつもの野菜炒めにちょい足ししただけで、「おいしい!新しい」「お店に来てるような感じ」との声があがっていました。

カルディオンラインショップのレビューやSNS上では

「すごく辛いです!!でもすごく旨いんです!!」
「海老の旨味がしっかり感じられて、海老&辛いもの好きにとっては堪らない美味しさです!」
「これと素うどん混ぜるだけで夏乗りきれる。ラー油界総選挙あったら絶対1位だわ」
「エビとレモングラスの風味が効いてて、豆腐にかけるだけでつまみになるし、ポン酢やナンプラーと混ぜると簡単にエスニックなドレッシングができる

など、辛いもの好きな人には特に高評価。使い道も幅広く、「インスタントラーメン」「冷奴」や「素麺のつゆ」に足してもおいしい、といった声も。フォー等の麺料理や厚揚げの薬味にしたり、チャーハン・スープ・鍋料理に加えれば一気にベトナム風にもなります。

地中海生まれの万能調味料

2つめは、地中海生まれの万能調味料「カルディオリジナル ハリッサ (110g/415円)」。ハリッサは唐辛子ベースの辛口調味料のことですが、同商品は、パプリカベースに、赤唐辛子・コリアンダー・クミン・ガーリックなどを加え、日本人向けに仕立てているそう。

番組では、市販の塩焼きそば蒸した鶏もものワイン蒸へちょい足ししアクセントにしていたほか、マヨネーズとあわせて野菜のディップにしていました。「マヨネーズ」とは相性が良いとのこと。

カルディオンラインショップのレビューやSNS上では

「例えるのが難しい独特なお味ですが、とにかく美味しくて病みつきになります」
「マヨネーズやオリーブ油などと一緒にして、サラダや茹で鶏のタレにしています
「中近東の風を感じるような、初めてのおいしさでした」
辛味は程よく旨味は最高!クセになります」

と「病みつき」「リピートしてる」という声が目立ちました。トマトベースのスープや煮込み料理など、パスタに混ぜるのもおいしそうです。

3つめは、「メープロイ チリインオイル[ナムプリックパオ] (250g/496円)」。

干しエビ・タマリンド・にんにく・トウガラシなどを油で炒めて砂糖、塩で味を調えた、トムヤムクンには欠かせない代表的なタイの調味料です。辛さは強くなく、エビの濃厚なうまみがたっぷり。甘じょっぱいペーストで炒め物にも合うそう。

番組では、マヨネーズとチリインオイルをあわせて食パンに塗り、その上にとろけるチーズをのせトースターに入れおよそ5分で完成するピザトーストなどを紹介。

カルディオンラインショップのレビューやSNS上では

「トムヤムクンを作るのに、トムヤムペーストと一緒に購入しました。エビを入れなくてもいいくらい、エビの出汁がとてもよく効きます。ただ、瓶が大きいので、なかなか減りません」
「ラーで海老チャーハン ピリ辛で美味しい~」

といったコメントが寄せられていました。

以上、ご参考に。

価格はすべて税込み表記。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング