【課題解決事例】機械製造業A社 設計部門:設計不良の芽を摘み取る仕組みを構築せよ![日立]

News2u.net / 2019年6月7日 17時0分

設計不良の根絶に向けて、研修の拡充や検査の強化など、教育と運用の両面から取り組むが、思うような成果が上がらないばかりか、本来業務を圧迫する状況に陥っていた機械製造業A社。

設計不良の根絶へどのような手段があるのか、設計部門の部長は模索していた。


■課題のポイント

⇒ 設計不良は多くの場合、経験の浅い設計者の知識不足が原因
⇒ 一朝一夕の教育では、ミスに気付けるスキルの獲得は困難
⇒ 検査の強化は工数の増大を招き、本来業務を圧迫


▼この課題を解決した方法とは?
https://www.hitachi.co.jp/it-pf/mag/pf/dsc_ds_02/

▽日立デジタルサプライチェーン/クラウド型設計業務支援サービス(DSC/DS)の詳細はこちら
https://www.hitachi.co.jp/products/it/industry/solution/dsc/dsc_ds.html


◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・【課題解決事例】機械製造業A社 設計部門:設計不良の芽を摘み取る仕組みを構築せよ![日立]
http://itm.news2u.net/items/output/166008/1


News2uリリース詳細へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング