ビットコイン、瞬く間の大幅下落 國學大がリップル値下りで再び全力買い!(カソツー大学対抗戦)

J-CAST会社ウォッチ / 2019年6月14日 17時0分

写真

ビットコイン、大幅下落でも……

ビットコイン(BTC)価格が大幅に下落した。下落幅が大きかったのは、2019年5月31日と6月4日の2回。米国のメキシコに対する関税強化や米国の利下げ観測の高まりで、対円でドルが急落したことに伴う動きで、その後、米国株の上昇などでドル円が下げ止まると、BTCも1BTC=84万円台で安定した推移となった。

仮想通貨市場に流入してきた資金が、安全資産の円や米国株に回帰したとみられる。明治大学のホフマンは、BTCが「短期的な調整に入った」とみて、今週はポジションを持たず。國學院大学の億トレーダーは、再びリップル(XRP)を全力購入。直後はちょっと後悔したが、価格が持ち直し、ホッと。早稲田大学のTKHは就職活動が多忙で取引を見送り。慶応義塾大学の馬医金満も多忙のため、ひと休みした。

調整下げがきた!(明治大学)

最近、入浴にこだわりだしたホフマンです。

さて、仮装通貨のほうですが、6月7日(金)現在1BTC=82万円をつけています。

5月31日(金)にBTC=97万円だったので、前週に比べてかなり下落しています。前回に比べて15万円も値下がりしているのは恐ろしい話です。

ただ、これで爆上げの調整は済んだように思えます。ですが、もう少し下がるように思えるので、ひとまずは様子見で、ポジションは持たないでよいかと思います。一つ言えるのは、BTCは100万円を超える時が近々やってくると思います。米国と中国の貿易戦争による経済活動の後退をくぐり抜ける方法として仮想通貨は必要です。

保有する通貨           なし
前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
6月7日現在          2万667円

就活に全力!(早稲田大学)

今週は就職活動が忙しく、取引を見送りました。

保有する通貨      BTC、XRP
前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
6月7日現在       1万2650円

「やはり相場は読めないんだ」......(國學院大学)

今週の仮想通貨市場は下落した。なかでも、保有するリップル(XRP)は6月3日(月)につけた高値1XRP=50円から大きく下落して、4日(火)には安値の1XRP=42円と、8円も下落した。

ただ、XRPは長期的には上昇するだろうと考えており、少なくとも1XRP=50円に回復すると考え、1XRP=45.201円で日本円全額を投じて購入しました!

しかし、購入後に安値1XRP=42円まで下落したので失敗したなと、少々後悔。ちなみに、先月にも同じ過ちを犯していた。間違えた原因も同じだ。

ここで購入しないで、XRPが50円台さらには60円台になった時に後悔するだろうと考えたので購入したが、それが裏目に出た。このことで、「やはり相場は読めないんだ」っていうことを酷く痛感した。

7日(金)の終値では、購入価格よりも値上がりしていたので、ひと安心した。

今週の前半は、最近の傾向とは逆でXRPがビットコイン(BTC)に先行して、上昇したり下落したりといった値動きが見られた。また、リップル社が機関投資家へ仮想通貨XRPを販売することを目的に、スイスに新支社を設立されたことを明らかにした。今後のXRPの飛躍に期待したい!

保有する通貨      XRP
前週からの損益  プラス92円
6月7日現在     1万530円

多忙で取引できませんでした。(慶応義塾大学)

今週は多忙のため、取引を控えました。

保有する通貨           なし
前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
6月7日現在        2万1441円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング