スリムクラブ謹慎で内間に心配の声 2年前に「家のローン74歳まで...」

J-CASTニュース / 2019年6月27日 16時33分

写真

内間政成さん(2019年撮影)

スリムクラブの真栄田賢さん(43)と内間政成さん(43)が、反社会勢力の参加会合に出て金銭を受領していたとして、吉本興業から無期限の謹慎処分を受けたことが発表され、内間さんのファンからは「家のローンはどうするの?」といった心配の声が続々と上がっている。

内間さんがかつて出演したテレビ番組で、自身が購入した家のローンについて語っていたからだ。

活動停止なのに家のローンの支払いが!

2人の謹慎処分は2019年6月27日に発表された。するとツイッターには、内間さんに対して、

「無期限謹慎処分食らったら、家のローンどうするんだろう...」

などと心配する声が続々と寄せられた。ファンらの念頭にあるのは、過去のテレビ番組で内間さんが語っていた内容だ。

内間さんは13年12月に放送された「さんまのスーパーからくりテレビ」(TBS系=放送終了)で、番組の企画として家選びを行い、東京都世田谷区に一軒家をローンで購入。その後、そのローンについて、17年10月放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、毎月の支払いが20万円であることや、74歳まで支払い期間があることを明かしていた。

なお、「向上委員会」では、購入のきっかけが「からくりテレビ」であることや、当該家屋に欠陥があったことを理由として、両番組でMCを務める明石家さんまさんに対して内間さんが家の買取りを要求するというテイストでコーナーが進行。結果、買取りを拒否されるというオチで締められていた。

このため、内間さんが家のローンを背負っていることを知っているファンからは、「家のローンどうするんだろう...」といった声が続々と上がる事態に。「人生一瞬で変わるよなぁ」と、内間さんの人生が一変するのではないかと心配する声も上がっている。

身から出たサビとはいえ、内間さんの今後を案じるファンの声は多い。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング