ビットコイン底固く、リップル冴えず...... 買い増し検討の早大、國學大は売り時逃す(カソツー大学対抗戦)

J-CAST会社ウォッチ / 2019年7月14日 12時45分

写真

ビットコイン底堅く、リップルは冴えない。その結果……

ビットコイン(BTC)は、一時108万円を割り込んだ。米中貿易交渉の再開や世界的な金融緩和観測の高まりなどで、株式市場に資金が回帰したための下落とみられる。しかし底値は固く、米国の長期金利の低下によって為替がドル安に動くと反発した。この2週間で、相場がおよそ50万円のレンジで大きく乱高下した。

ただ、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインは、前週の7月5日から3~7%前後の下落となった。おのずと「価格」に注目が集まるが、ビットフライヤーの新規口座開設受付再開など、仮想通貨市場にプラスのニュースが増えてきている。

リップルを保有する早稲田大学のTKHは、イマイチ勢いに乗れないものの、値下げの場面では買い増しを検討。前週、首位に立った明治大学のホフマンは多忙のため、今週は取引を控えた。一方、逆転を許した慶応義塾大学の馬医金満は、トップ奪回に意欲を燃やす。國學院大学の億トレーダーは、下落が続くリップル相場を眺め、「売っておけば......」と後悔。再び1万円を割り込んだ。

勢いに乗り切れないリップルにじれる(早稲田大)

7月5日(金)

きょうは今週1週間のビットコイン(BTC)と他主要アルトコインの動向を確認しながら、今後の展開について考えていきたい。

まずは大方の予想どおり、一たん反発調整に入りビットバンクのサイト上では7月2日に最安値1BTC=105万円台をマークしている。その後24時間でプラス20%の上昇を経て一時1BTC=130万円まで回復した。

ここから見るに、海外取引所においても同じような水準で反発しており、この短期レベルで見た今回の急騰相場では、1BTC=1万ドル及び100万円強のわかりやすい水準が投資家の意識にこびりついていると考えていいかもしれない。

現在価格は125万円台付近を行き来しているが、この水準で安定するとは到底思えない。むしろ調整相場の第二波が来るシナリオを予想しており、次は1BTC=100万円のベンチマークを容易に下回る強い下げを予想するが、やがて1BTC=100万円ほどに収束していくのではないかと考えている。

他の通貨、特に自分の保有しているリップル(XRP)に焦点を当ててみると、イマイチというより、まったく上昇相場に乗り切れていないようだが、今後の短期レベルで来るBTCの下げ相場に引きつられて、もしXRPが下がった場合には買い増しを検討したい。

目下のところXRPも世間への浸透化が進んでおり、起爆剤さえ出れば大きな値上げ幅が取れると期待するからだ。

保有する通貨         BTC、XRP
前週からの損益      マイナス637円
7月5日現在         1万3500円

多忙のため、取引は控えました(明治大)

保有する通貨           BTC
前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
7月5日現在         2万9598円

明大に追い抜かれ、奮起しました!(慶應大)

みなさん、こんにちは。馬医金満です。

今週はビットコイン(BTC)がそこまで値動きがなかった週となりました。 一時期は1BTC=115万円台まで落ち込みましたが、そこから金曜日にかけてまた120万円台後半まで持ち直していきました。

そして、「仮想通貨あるある」なのですが、アルトコインのイーサリアム(ETH) 、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BTH)は、今週は総じて5%ほどの値下がりを記録しました。

また以前さまざまな通貨が上昇した際にライトコイン(LTC)のみ下落しましたが、今回も他の通貨が値下がりしたのに対してLTCは週足で2%ほどの上昇を見せました。このLTCの値動きはトレンドとは逆の動きを度々示しており興味深いです。

今週の大きなニュースとしては、ビットフライヤー社の新規口座開設の受付再開があげられるでしょう。同社は「既存のお客様への本人確認状 況の再点検および内部管理体制の強化のため、自主的に」新規口座の開設受付を一時停止していました。

このニュースで仮想通貨の価格が大きく変動したか、と言われるとそうでもないのですが、今後発展していく土壌はできつつあるのかなと考えています。

さて、今週の取引ですが、前述したようにボラティリティが小さい週で、明確なトレンドも見られなかったため、特に取引していません。

現在の評価総額は、前週に比べてプラス9円の2万4086円となっています。

前週、明治大学のホフマン氏がめちゃくちゃプラスでした。たしか1週間でプラス8000円超も。カソツー大学対抗戦では、ずうっと自分が独走していたっていう幻想を抱いていましたが、追い抜かれてしまって奮起しました!

次のトレンドは、必ず最初からポジション取れるように頑張りたいと思います。

では、また来週!

保有する通貨        BTC
前週からの損益     プラス9円
7月5日現在      2万4086円

前々週に売却しておけば......(國學院大)

今週の仮想通貨市場はビットコイン(BTC)が上昇したのに対して、保有するリップル(XRP)は前週の下落にたたみ掛けるよう、さらに下落した。正直、前々週に売却しておけば、絶好の買い場だったのにと後悔しかない。

せっかく、増えた資産もこの下落で増えた分が減って本当に悔しい。今は早く上昇してくれないかと願うばかりだ。

そんななか、私は改めてXRPの将来性を考えたいと思う。ちょうど、ぴったりなニュースがあったので紹介したい。米ニューヨークで開催された「Future of Fintech」でリップル社CTO(最高技術責任者)のDavid Schwartz氏が、仮想通貨XRPを用いた送金システムである「xRapid」の優位点について述べたというニュースだ。

「xRapid」の優位点は、法定通貨より変動率が低いとのことである。その例をメキシコ・ペソの事前積立で示している。火曜日に事前積立する場合、月曜日に決済する必要がある。この間に変動するメキシコ・ペソのボラティリティは非常に高い。しかし、XRPで決済する場合、地球の裏側でも数秒で処理されるので、ボラティリティが低く抑えられる。なぜなら、トランザクション処理が完了するまでにXRPを保有する期間は1?2分程度しかないからだ。このことから、「xRapid」が、いかに優れているかが、誰にでもわかると思う。

やはり、XRPは長期的に考えれば化ける仮想通貨だと思う。XRPの将来に期待したい!!

保有する通貨           XRP
前週からの損益     マイナス1166円
7月5日現在            9622円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング