<1年前のワイドショー>東京医科大「女子受験生差別」一律減点で合格者数を調整

J-CASTテレビウォッチ / 2019年8月4日 11時0分

各大学でオープンキャンパスが行われていた去年夏(2018年)、東京医科大が女性の合格者を減らすため、女子受験生の得点を一律減点して、合格者の3割に抑えていたことが明らかになった。<「東京医科大」女子受験生の得点を一律減点!女性医者が増えると困る?>(TBS系「ビビット」)とワイドショーは伝えた。

関係者によると、2010年の入試で女子の合格率が男子を上回ったのをきっかけに不正操作が始まった。1次試験の女子の得点を減点した上で、2次試験の合格を判定したという。以来、女子の合格率はずっと男子を下回っている。

<東京医科大「入試」女子減点・裏口水増しの巧妙手口―狙いは寄付金集め>(テレビ朝日系「モーニングショー」)と呆れた。

ほかの大学医学部でも「男子優先」

しかし、女性受験者の得点差別はほとんどの大学で行われていることが判明した。ワイドショーは<東京医科大だけはない!? 海外メディアも驚く「女子受験生差別」の恥ずかしさ>(日本テレビ系「スッキリ」)と取り上げた。(テレビウォッチ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング