ソフトバンク接戦制す、日ハムは継投で逃げ切る

読売新聞 / 2019年9月12日 23時18分

 ソフトバンク3―2西武(パ・リーグ=12日)――ソフトバンクが接戦を制した。八回にグラシアルのソロ本塁打などで2点を奪い、九回にも加点した。8回1失点の千賀が13勝目。西武は打線が振るわなかった。

     ◇

 日本ハム4―2楽天(パ・リーグ=12日)――日本ハムは一回に大田の2ランで先行。三回に西川の適時二塁打などでリードを広げ、積極的な継投で逃げ切った。楽天は先発の美馬が粘れず、3連勝を逃した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング