【第135回】いよいよ始まるポイント還元制度 事前に5つの注意点を確認!

東京バーゲンマニア / 2019年9月28日 20時0分

写真

消費増税まであと少し。キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)についてもようやく取り上げられてきていますが、始まってからは大混乱になると思います。

始まる前にチェックしておくべき点を5つ挙げました。

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)とは?

テレビなどでは「ポイント還元制度」として統一されているようですが、実際の名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」となります。

ポイント還元制度とは、2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間限定で、対象のお店で、対象のキャッシュレス決済すると2%または5%のポイント還元を受けられる制度です。つまり、消費税が2%上がりますが、対象店舗でキャッシュレス決済すると2%(フランチャイズ店)や5%が戻ってくるため、増税前よりもおトクになる場合が多いです。

なお、対象のお店にはステッカーがついていますので、そちらを確認するようにしてください。

対象のお店は中小・小規模事業者となるため、大手スーパーマーケットや家電量販店などは還元対象外です。また、ポイント還元制度の対象となっている店舗でも、金券類の購入は対象外となっています。

注意その1:ポイント還元制度と言いながら「ポイント」ではない場合も

「ポイント還元制度」と聞くと、買い物したときにつくポイントが2%や5%と思う方が多いのですが、実際は割引や残高バックの方が多くなります。

例えば、JCBや三井住友カードなどは、対象のお店で1万円購入すると、後日1万円に対しての5%分である-500円が明細に載ります。

つまり、請求時に5%や2%の割引があり、ポイント還元ではありません。

本物のポイント還元となるのは楽天カード(楽天スーパーポイント)やエポスカード(エポスポイント)、エムアイカード(エムアイポイント)などとなり、その他は明細での調整の場合が多いです。

事業者はポイント還元以外の言葉を使ってはいけないようで、実際は値引でもポイント還元と表記されています。

注意その2:ポイント還元制度のポイントと通常のポイントは別

なんだ、実質値引きならポイントは気にしなくても良いのか、と思われる方もいるかもしれませんが、今回のポイント還元制度と通常のクレジットカード利用で貯まるポイントは全く別です。

例えば、楽天カードを5%の対象店舗で利用した場合は、ポイント還元制度で5%分の楽天スーパーポイントを貯められます。また、楽天カードを利用したときの1%分の通常ポイントも貯まるため、実質6%分のポイントを貯められると言う事です。

JCBや三井住友カードの場合は、実質値引きですが、JCBの利用で貯まるOki Dokiポイントや三井住友カードのワールドプレゼントは別に貯まるため、こちらを失効させないようにしましょう。

注意その3:ポイント還元タイミングは最大2か月後!

コンビニやOrigami Payなど、店舗や決済手段によってはその場値引きとなる事があります。レシートや明細に、即時還元分の金額が載るため、すぐに還元されると勘違いするかもしれません。

しかし、その他のお店や他の決済手段の場合は、還元タイミングが1~2ヵ月程度遅れます。コンビニで楽天カードを利用すると即時値引き、その他のお店で利用すると、2か月程度後に楽天スーパーポイントが還元されるなど、非常に複雑な仕組みです。

基本的には後日還元されると言う事を覚えておき、一部例外店舗(コンビニは基本的に即時還元)もある、と覚えておきましょう。なお、コンビニでは即時値引きとなるため、後日2%分の楽天スーパーポイントが貯まる事はありません。

注意その4:交通系ICカードは登録が必要!

首都圏ではSuicaとPASMOを通勤や買い物で利用している人が多いと思いますが、ポイント還元制度はSuicaやPASMOも対象です。

しかし、SuicaとPASMOは事前に登録しなければ対象となりません。専用ページでSuicaやPASMOの番号を登録することで還元対象となります。ポイント還元制度は、対象のお店で、対象のキャッシュレス決済するのが条件ですが、対象のはずのSuicaやPASMOは登録しなければ対象外となります。

注意その5:上限に注意!

ポイント還元制度は、1か月当たりの上限や1回当たりの上限が決まっている場合がほとんどです。クレジットカードの場合は1か月当たりの還元上限は1万5000円まで。楽天Edyの場合は1回あたり2500円までなど、それぞれで上限が異なります。

ただし、1万5000円の還元を受けるには30万円の利用(30万円の5%が1万5000円)が必要ですので、それほど気にしなくても良いですが高額商品を購入する場合などは注意しましょう。

なお、クレジットカードの1万5000円上限は1か月当たりの上限ですので、次の月になるとまた1万5000円の上限となります。

いかがでしたか? 10月からの9か月間は増税前よりもお得に買える場合が多いのですが、還元方法やタイミングなど、しっかり把握していなければ損する事もありますのでよく確認してください。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング