阪神、最大の補強は「藤浪復活」だ OB提言する来季優勝へのカギ

J-CASTニュース / 2019年10月15日 17時12分

写真

画像はイメージ

阪神は2019年10月13日、東京ドームで巨人と対戦し1-4で敗れ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ敗退が決まった。同ステージでは巨人に2連勝を許し、後がなくなった第3戦目で勝利し望みをつないだが、第4戦目では巨人の投手陣に抑え込まれて完敗。CSファーストステージで2位DeNAを撃退し下剋上を果たした矢野阪神だったが、日本シリーズの切符を手にすることは出来なかった。

昨シーズンのリーグ最下位から3位に躍進しCSファイナルステージ進出を果たした矢野阪神。レギュラーシーズンではリーグトップの防御率を誇る投手陣がチームを支え、中継ぎ陣は抜群の安定感を見せた。投手陣に関しては先発陣の強化、野手陣は打力アップと守備力強化が課題となるだろう。来シーズン、阪神がさらなる飛躍を遂げるには何が必要なのか。阪神OBで野球解説者の野口寿浩氏(48)に聞いた。

4番・大山のバッティングに物足りなさも

「個人でみると、ルーキーの近本選手、木浪選手らいい若手が出て来たなと印象です。その一方で大山選手、中谷選手、北條選手ら伸び悩んでいるように見えた選手もいました。大山選手の成績は決して悪いものではありませんが、阪神の4番というところで見れば物足りなさを感じます。秋季、春季キャンプではとにかくバットを振ること。ポテンシャルが高い選手ですので来シーズンに期待したいです」(野口氏)

今シーズン、野手陣に目立ったのが失策の多さだ。阪神の失策はリーグワーストの「102」。リーグ唯一の3ケタを記録しており、リーグ最少となる中日の45失策の倍以上の数字となる。野口氏は「守備に関しては練習するしかありません。秋季、春季キャンプでどれだけノックの数をこなすか。特に若手の野手陣には頑張ってほしいです。いかにエラーをなくして得点力を上げるか。これも課題のひとつになります」と指摘する。

投手陣では今シーズン、西勇輝(28)がチーム最多の26試合に先発し、青柳晃洋(25)が25試合で続く。プロ2年目の高橋遥人(23)は3勝にとどまったが、ローテーションの一角として18試合に先発し、10試合でクオリティスタートを達成。将来のエースとして首脳陣からの期待は高い。

西、青柳、高橋に続く先発が...

「先発では西投手、青柳投手、高橋投手が年間を通してよく頑張ったと思います。ただ、この投手たちに続く投手が出てこなかった感があります。今シーズン、先発として期待された岩貞投手、才木投手、小野投手らが力を付けて安定してローテーションに入れば、先発陣の枚数も足りてきますし、厚みが増してきます。救援陣はフル回転での活躍でしたので、オフの期間はしっかり休養に充ててもらいたいです。特に藤川投手はしばらくボールを握らず、ゆっくり休んでほしいです」(野口氏)

また、阪神が来シーズン、リーグ優勝をするために必要な戦力となるのが藤浪晋太郎投手(25)だろう。藤浪は今シーズン、1軍では8月1日の中日戦に先発したのみで、プロ入り後初の1軍未勝利に終わっている。

「来シーズンは、藤浪投手の復活が最大の補強になると思います。今シーズンは1軍での勝ち星はありませんが、実績のある投手。来シーズン、藤浪投手が2ケタを挙げ、防御率3点台で抑えてくれれば優勝が見えてくると思います。藤浪投手の復活に期待したいと思います」(野口氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング