柴田英嗣「アンタッチャブル」復活でインスタフォロワー激増に感謝

スポーツ報知 / 2019年12月4日 9時4分

「アンタッチャブル」の柴田英嗣

 11月29日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(土曜・後11時)で、10年ぶりに漫才を披露したお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(44)が12月4日、水曜パートナーを務める文化放送「なな→きゅう」(月~金曜・前7時)に生出演し、復活後の心境を語った。

 山崎弘也(43)と柴田からなるアンタッチャブルは、2004年に「M―1グランプリ」で優勝するなど活躍したが、10年2月に柴田が約1年間に休養してから2人が漫才を披露することはなかった。

 パーソナリティー上田まりえ(33)は、「脱力タイムズ」で10年ぶりのコンビ電撃復活に番組のファンで、毎回録画をしていることを明かし、2人の復活漫才に「ぼろぼろ泣きながらみた。この(放送)回は『神回』。録画の保護しました」と絶賛した。

 コンビ復活で相方の山崎や関係者、ファンの声に感謝を語った柴田は「次の日かな、インスタも(フォロワーが)7万人くらい増えた。一気に増えた。ありがとうございますっていうコメントを載せたら、それぐらい増えたから反響があったんだろうね」と感謝した。

 柴田は「脱力タイムズ」放送後に自身のインスタグラムを更新。「皆さんへ感謝申し上げます」と題し、「#10年ぶりの漫才#場を与えてくれた有田さん、番組スタッフの皆さん、タレントの皆さん、関係各位の皆さん、何より楽しみにしていてくれた皆さん、そしていきなりの漫才を持ち込んだ山崎、本当に有難うございました」と感謝をつづり、ファンからのメッセージに感謝。「これからも沢山ふざけて参りますので、恐ろしい程ハードルを下げて楽しんで頂ければと思います。いやマジでハードル下げてね」と記していた。

 アンタッチャブルは、8日放送のフジテレビ系「THE MANZAI 2019マスターズ」(日曜・後7時)で漫才を披露する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング