いつの時代も人気のアナウンサー 就活の高い壁を越えるノウハウを伝授

J-CAST会社ウォッチ / 2019年12月12日 16時45分

写真

アナウンサー志望者の多くが目指すNHK

売り手市場がいわれる新卒の就職活動の中で、買い手市場の代表的な一つがアナウンサー試験だろう。

「合格」するのは、1000人に1人か2人という超激戦ぶり。なかなか情報が出回らず、就活も手探りになるという。そんななか、「アナウンサー試験には、内定を勝ち取るためのノウハウがある」と声をあげたのが本書「アナウンサー就活本」だ。

「アナウンサー就活本」(金谷有希子著)カナリアコミュニケーションズ

内定を勝ち取るノウハウ公開

著者は元NHKキャスター、金谷有希子さん。早稲田大学大学院修了後、NHK京都放送局の夕方のニュース番組でキャスターを務め、その後、地方局でアナウンサーとしてさまざまな番組を担当。いまは東京都内のアナウンススクールで、アナウンサー志望者の指導にあたっている。

金谷さんは「私はたくさんのアナウンサー試験を受け、内定を勝ち取るノウハウを見つけた」という。それをまとめたのが本書。アナウンサーは志望者が多く、人気職業に挙げられる一つだが、合格にリードできる情報が薄かったせいか、就活ガイド本は少なかった。専門のスクールなどがない地方に住む学生にとってはとくに、待望の一冊。

狭き門なだけに、志望動機や自己PRをより洗練されたものにする必要があり、エントリーシート(ES)の完成度がモノをいう。「アナ活を成功に導く『10の実践編』」では、最重要の評価でトップ項目。ESは職種を問わず就活では基本の応募書類。本書の詳しいアドバイスは、アナウンサー志望ではない就活生にも役だつに違いない。

自己PR、志望動機を完ぺきに

数ある職種のなかでもアナウンサーほど就活のための準備が必要なものはないという。NHKや民放各社のほか、芸能事務所などが養成スクールを設けて、志望者の準備をアシストしている。こうしたスクールに通わなくても難関を突破する人もいるらしいが、ごく稀なケースという。

第一関門はESだ。アナウンサー試験で内定を得る人たちは、他の応募先でもESの通過率が高いという。ESで通る機会が少ないと、面接など審査をしてもらう機会が減って合格率もグッと落ちるという。

ESで大事なのは、志望動機と自己PR、それに写真。志望動機と自己PRでこころがけたいポイントは、最初と最後に結論を短く入れ、間に自分の経験を含む事例や理由を挟むこと。面接で「志望動機と自己PRを1分で話してください」と求められることに備え、300字でまとめるようにする。300字がだいたい1分で述べられるサイズという。

就活生が志望動機でやってしまいがちな失敗ポイントは「○○アナウンサーにあこがれて」とか「番組が面白かったから」というもの。動機として悪いわけではないが、同じ内容を提出する人はほかに山ほどいるので埋もれてしまい、受かる機会を手放しているのだ。

志望動機、自己PRを確固たるものにしておくためには、幼少期から大学・大学院までの各時代をタテにした一覧表をつくり、ヨコには「学業・アルバイト」「家族・友人関係」「趣味・資格」などの項目を並べ、自分史の年表などをつくると整理に効果がある。

写真は「奇跡の一枚」を用意

アナ活のESでもう一つ、重要な要素は写真だ。単なる本人証明ではないことを承知しておかなければならない。写真を添付するESの種類は大きく分けて4つ。写真1枚の場合、2枚の場合、4枚の場合、写真自由の場合。放送局によっては7枚ほど提出を求められる場合もあるという。

アナウンサーの採用の最初の選考では、詳しいプロフィールはほとんど見られず、まずは写真が大事になる。「スーツ、メイク、髪型、ポーズなど熟考を重ねた『勝負写真』ができるまでは時間がかかるので、しっかり準備しましょう」と著者。表情、背景、演出、小道具などにこだわり「奇跡の一枚」を撮影する努力をすべきという。そのためには1000枚ほどの用意が必要だ。

最近のアナウンサー採用選考のESでは、カメラテストを兼ねて動画提出を求められることもある。本書では、ある放送局の採用担当者の話として、部活でバスケットボールをやっている学生が、ユニフォーム姿でシュートするシーンで自己PRする作品の評価が高かったことを紹介。30秒の長さのうち20秒で自己PRを述べ、残りの時間でシュートを決めるという構成だった。

アナウンサーの採用試験の内容は、放送局ができて以来、約60年間、ほとんど変わっていないというが、デジタル時代、IT時代となって少しずつ変化している。個人だけの力で採用を勝ち取るケースも、稀ではなくなる可能性もありそうだ。本書はその扉を開く一冊。

「アナウンサー就活本」
金谷有希子著
カナリアコミュニケーションズ
税別1400円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング