岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 予備選候補者をめぐる民主党支持者の本音

J-CASTニュース / 2020年3月11日 12時39分

写真

ニューヨーク・マンハッタンのバーで、スーパー・チューズデーの生中継を見る市民たち(2020年3月3日)

今、私がいる米南東部フロリダ州ブリバード郡では、トランプ支持者たちが元気だ。2020年3月7日(土)には、町の大通りの両脇にトランプ支持者らが星条旗やプラカードを手にずらりと並び、「4 more years!(あと4年!)」と叫んでいた。行き交う車がクラクションを鳴らし、トランプ支持を表明している。

その4日前の3月3日「Super Tuesday(スーパー・チューズデー)」に、私はニューヨーク市にいた。スーパー・チューズデーでは14州で一斉に予備選が行われ、大統領選の民主党候補者選びの山場のひとつとなった。この日の結果が、11月の本選挙での民主党候補の選出に大きく影響する。

既に共和党の大統領候補の座を確実にしているトランプ氏に挑むのは、どの候補なのか。

民主党エスタブリッシュメントの焦り

2016年の大統領戦で、市民の79%が民主党のヒラリー・クリントン氏に投票したニューヨーク市。この街の中心マンハッタンで、候補者に対する思いを聞いた。

「スーパー・チューズデー」を前にした2月29日、黒人有権者の多い米南東部サウスカロライナ州の民主党予備選で、ジョー・バイデン前副大統領(77)が大勝利した。この日を起点にしてわずか3日間で、バイデン氏は劇的な復活を遂げた。

バイデン氏の大勝利を受けて、中道派の有力候補が次々と撤退を表明。慈善活動家のトム・ステイヤー氏、初の同性愛者で大統領になれば最年少と期待され健闘していたピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)、エイミー・クロブシャー上院議員(59)が離脱した。

ブティジェッジ氏とクロブシャー氏はともにバイデン支持を公表。予備選に立候補していたベト・オルーク前下院議員も、バイデン支持を訴えた。こうして、民主党の中道派がバイデン氏に結集する形となった。急進左派のバーニー・サンダース氏(78)の勢いを止めるためには、中道派で票を奪い合ってはいられないという焦りが、民主党エスタブリッシュメントにはあった。

「トランプを打ち負かせるなら、誰でもいいわ」

スーパー・チューズデーの夜、その結果をライブで報道するテレビの特別番組がある。タイムズスクエア近くでバスを待っていた白人女性(60代)は、スーパー・チューズデーの結果には興味もないと私に話した。

「候補者のくだらない言い分なんて聞きたくもない。それより、映画でも見るわ。トランプに勝ち目があるのは、バイデンだけ。彼しかいないわ。バイデンがトランプを打ち負かしたら、ハッピーだわ。トランプはアメリカのヒットラーよ。あなた、知らないの?」

やってきたバスに乗り込もうとする私の背後で、別のバスを待っていたその女性は、「We've got to get rid of Trump!(トランプを引きずり下ろさなきゃ!)」と3度、大声で繰り返した。

そのあと、乗り継ぎのバスを停留所で待ちながら、そばにいた白人女性(60代)に、「どの候補者を支持しますか」と声をかけると、「民主党候補者はどれも、どっちもどっちよ」と大して興味もなさそうに答えた。

この女性は、「(前回の大統領選では、)ヒラリーも信用していないから、彼女にも投票しなかったわ。トランプを打ち負かせるなら、誰でもいいわ。バイデンでもサンダースでも、トランプと比べたらずっとましだわ」と投げやりに言う。

「民主党がトランプを打ち負かせると思うか」と私が聞けば、「I hope so.(そうでなきゃ困るわ)」と強い口調で言うものの、あとは無言で首を左右に振るばかりだ。

家路を急いでいた男性(30代)は、どの党を支持しているか答えたくないようだったが、「アメリカの経済にとってはトランプがベストだ、ってことは民主党もわかっている。でも、共和党に対して勝ち目がないのは明らかだから、バイデン支持を全面に出して、責任をすべて彼に押し付けようとしているんだと思うよ。エスタブリッシュメントは、サンダースのことを好きじゃないからね」

中道バイデンVS急進左派サンダースの一騎打ち

この日、マンハッタンのミッドタウンにあるアイリッシュ・バーでは、スーパー・チューズデーの結果をテレビで一緒に見ようと、「ウォッチ・パーティ(watch party)」が行われる予定だった。興味があれば、党派を問わず誰でも参加できる。が、店に行ってみると、「主催者から連絡があり、急遽、中止になった」とバーテンダーの女性が言った。彼女にも理由はわからないが、新型コロナウイルスの影響かもしれない。

店内のテレビではスーパー・チューズデーの映像が流れていたものの、それとは関係のない大音量の音楽が響き渡り、テレビの声はかき消されていた。が、私のように「watch party」があると思ってやってきた人たちも、音楽をやめてくれと頼むでもなく、おしゃべりに夢中で、時折、映像に目をやる程度だ。

ニューヨーク州の予備選挙は4月28日と遅いため、そこにいた民主党支持者たちもまだ差し迫った感はあまりなく、支持する候補者がいるとはいえ、「目指すはトランプ打倒」という雰囲気だった。

民主党候補者らもそろって、「打倒トランプ」を唱えてきた。あとから参戦し、金に物を言わせる選挙PRを批判された大富豪で中道派のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)は、「打倒トランプ以外に有意義な金の使い方はない」と訴えた。

民主党エスタブリッシュメントがバイデン氏に支持を集結させた結果、スーパー・チューズデーでは、同氏が予想をはるかに超えて14州中10州を制し、一気にフロントランナーに躍り出た。サンダース氏は若者やヒスパニック層を取り込み、地元の東部バーモントや西部のカリフォルニア、コロラド、ユタの4州で首位に立った。

ブルームバーグ氏はスーパー・チューズデーでの惨敗の直後に予備選から撤退し、バイデン支持を表明した。3月8日には2019年12月に候補争いから撤退したカマラ・ハリス上院議員(55)が、9日には2020年1月に撤退したコリー・ブッカー上院議員(50)が、立て続けにバイデン氏を支持する意向を示した。

地元である北東部マサチューセッツ州で3位に甘んじた左派のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)は、3月5日に撤退を決め、民主党の予備選の焦点は、バイデン氏とサンダース氏の一騎打ちに絞り込まれた。

「今回も何だって起こり得る」

民主党のエスタブリッシュメントは、「サンダース降ろし」に躍起になっているように見えるが、サンダース氏は自らを「democratic socialist(民主社会主義者)」と呼び、主張がはっきりしているのに対し、バイデン氏は経験こそあるものの、バイタリティや斬新さに欠ける。息子ハンター・バイデン氏がウクライナの企業と癒着していたとの疑惑が今後、悪影響を与える可能性もある。バイデン氏は、演説などで失言や誤った発言も多い。

サンダース氏相手ならトランプ氏が勝利すると見ていた共和党にとって、スーパー・チューズデーでのバイデン氏の大勝利は誤算だったようで、保守系でトランプ支持色の強いFOXニュースは毎日のように、バイデン氏の失言を揶揄する報道を流している。

これまでトランプ氏が再選すると信じていた人たちも、株価が立て続けに暴落し、新型コロナウイルス感染が拡大し続けるなか、先が見えない状態になってきた。3月9日も米国株は、2008年のリーマン・ショック級の急落となった。今後、新型コロナウイルスの被害がさらに大きくなり、景気が悪化すれば、トランプ政権にとって痛手となる。

3月10日には、アイダホ、ミシガン、ミシシッピーなど全米6州での予備選挙が始まった。17日には激戦州となるフロリダを含む4州の予備選と、大きな戦いが続く。

「2016年の大統領選では、誰も予想しなかったようにトランプが勝利したのよ。
今回も何だって起こり得る」

マンハッタンのバス停で出会った2人目の女性は、民主党の勝利に期待を込めてそう語った。私はつい最近までトランプ氏再選を確信していたが、今はその行方を静かに見守っている。(随時掲載)

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング