チェッカーサポート、7,000名の人材派遣業務を支える人事管理システムをOracle Cloudへ全面移行

News2u.net / 2020年3月18日 11時0分

他社クラウドの約50%のコストで、オンプレミス環境よりも高い処理性能を実現し、ITおよび管理スタッフの生産性向上に寄与

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、レジ業務派遣・委託をはじめとした人材派遣業務を行う株式会社チェッカーサポート(本社:東京都江東区、代表取締役:伏見 啓史)が、同社の人事給与情報管理、勤怠管理を行う国産人事給与パッケージの稼働基盤を「Oracle Cloud Infrastructure」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。「Oracle Cloud Infrastructure」の導入により、低価格で、今後の管理対象人数の増加へ柔軟に対応する環境を構築しながら、給与計算処理では約75%*の処理時間短縮という高い性能を実現し、ITおよび利用者の生産性向上に貢献しています。
* チェッカーサポート調べ

チェッカーサポートは、2002年の設立以来、全国のス百貨店、スーパー、ディスカウントストアを始め、空港、飲食店、専門店など、さまざまな業種・業態のレジ・店舗運営の代行業務(スタッフの採用、教育、金銭やシフトの管理など)事業を展開し、現在約7,000名のスタッフを有しています。

同社はこれまで、人材アウトソーシングに従事する従業員約180名が利用する委託・派遣スタッフの人事給与管理、勤怠管理をオンプレミス版の国産人事給与パッケージで行ってきました。5年毎に予定されているハードウェア改修のコストと手間を削減し、管理対象人数の増減に柔軟に対応する柔軟性、事業継続のための可用性を実現するため、クラウドへの移行を決定しました。複数のパブリック・クラウドを比較した結果、コスト、安定運用のための性能およびサポートを評価し、「Oracle Cloud」を選定しました。

チェッカーサポートでは、2019年9月に当該システムの「Oracle Cloud Infrastructure」への移行を開始し、11月から稼働を開始しました。主な導入効果は以下のとおりです。
・優れた性能で処理時間が短縮:稼働環境の性能向上により、管理対象である約7,000名の給与計算処理時間を約75%短縮。
・柔軟なリソース確保:今後見込まれる管理対象人数の増加によるトランザクションの増加にも柔軟に対応
・大幅なコスト削減:既存環境のクラウド移行の試算を行った結果、他社クラウド比で約50%**の月額費用で利用可能
** チェッカーサポート調べ

チェッカーサポートでは、今回が初めての基幹業務システムのクラウド移行であり、システムの運用とデータの保全性が確実に行えたため、今後他のシステムでも「Oracle Cloud」の導入を検討、推進する予定です。

本発表に向けたお客様からのコメント
ハードウェアの保守切れや老朽化による障害リスク、BCP対策など、オンプレミス環境での継続利用には多くの課題があり、クラウドへの移行を決めました。『Oracle Cloud Infrastructure』を導入したことで、他社クラウドより低価格であるにも関わらず、これだけの処理時間短縮を可能にしてくれる稼働環境の性能向上が図れたことは、大きな成果です。処理時間が削減できたことで、IT部門のみならず、利用する管理担当の従業員の生産性向上につながっています。

株式会社チェッカーサポート 総務経理部 給与労政課 課長 中川 和彦 氏

参考リンク
・チェッカーサポート
https://www.checkersupport.co.jp/
・Oracle Cloud Infrastructure
https://www.oracle.com/jp/cloud/

オラクルのGen 2 Cloud
オラクルの最新の第2世代クラウドは、企業が最も要求の厳しいワークロードを安全に実行できるように構築および最適化されています。独自のアーキテクチャと機能により、「Oracle Cloud」では優れたセキュリティ、パフォーマンス、およびコスト削減を実現します。オラクルの「Gen 2 Cloud」は、「Oracle Autonomous Linux」や業界初で唯一の自己稼働データベースである「Oracle Autonomous Database」など、自律型サービスを実行するために構築された唯一のクラウドです。「Oracle Cloud」は、アプリケーション開発からビジネス分析、データ管理、統合、セキュリティ、人工知能(AI)、ブロックチェーンまで、包括的なクラウド・コンピューティングのポートフォリオを提供します。

日本オラクルについて
人々が、新たな方法でデータを捉え、知見を導き出し、無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837/ Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム https://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。


News2uリリース詳細へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング