松潤、小栗、成宮、松ケン、上地、田中圭...がヤンキー高校生!伝説の学園ドラマ「ごくせん」再放送にネット大興奮「みんな可愛すぎる!」「神ドラマだ」

J-CASTテレビウォッチ / 2020年6月6日 16時18分

写真

「ごくせん」(日本テレビの番組ホームページより)

松本潤、小栗旬、松山ケンイチ、上地雄輔、田中圭、ウエンツ瑛士、そして芸能界を引退した成宮寛貴...ら今をときめくイケメン俳優たちが初々しい高校生役で登場する伝説の学園ドラマが再放送され、ネット上で大興奮が起こっている。

日本テレビ系で3日(2020年6月)に放送された「ごくせん2002特別編」だ。218年前の2002年に仲間由紀恵(当時22)が主演を務め、大ブーム起こした「ごくせん」の第1シリーズである。松本潤、小栗旬らもまだ10代の若さ、松山ケンイチに至ってはセリフなしのチョイ役だった。10日にも第2話が放送される。

「超懐かしい!みんな若いな~」「メンツすごすぎ」

ネット上では、「松潤可愛い!」「超懐かしい!みんな若いな~」「メンツすごすぎ」「これは神ドラマだ!」とファンは歓喜の声をあげている。

「ごくせん」は森本梢子氏の同名マンガが原作。暴力団組長の孫娘である仲間が演じる、ジャージ姿にメガネ、おさげ髪の熱血教師「ヤンクミ」が、落ちこぼれの教え子たちのために奮闘する物語だ。2002年に第1シリーズ、05年に第2シリーズ、08年に第3シリーズが放送された。

第1シリーズの生徒役には松本潤、小栗旬、成宮寛貴、上地雄輔、石垣佑磨ら豪華メンバーがズラリ。チョイ役でも今では引っ張りだこの松山ケンイチ、田中圭、ウエンツ瑛士らも登場している。ちなみに第2シーズンでも、亀梨和也、赤西仁、三浦春平、速水もこみち、小出恵介、小池徹平、高良健吾、水嶋ヒロ...といったイケメンたちがドラマから巣立っていった。

ネット上ではこんな興奮の声であふれている。

「みんなわっかいな〜。松潤可愛く初々しい~。尖がっている松潤の濃い極太眉毛思い出した。いつの間にか眉毛細く薄くしたよね。どちらも似合うけど」

「ごくせんの時の松潤は、どことなくミステリアスな色気もあってカッコ良かったですね」

「ツンツン松潤が徐々にヤンクミに心を開いて、陰ながら助けてたのが萌えた」

「懐かしいやら新鮮やら。久しぶりに見ているけど、自分が年を取ったなあって感じる。この世代の男性陣は豪華だなー。伊東美咲懐かしい、キレイだ。成宮も引退したし、消えた・消えそうな芸能人とか、きびしい世界だな」

「松潤派か小栗派かって分かれていたけど、私は成宮くん派」

「記憶になかったが、松山ケンイチが出ていたんだ。ホントにその他大勢でセリフがないのがスゴイ。みんな初々しい」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング